食レポ

【13年待ち】ビーフコロッケ極みで有名な旭屋からコロッケが届いたので食べてみた

2016/11/23

IMG_7602

あまりの人気でコロッケの通販が13年待ちという話題の旭屋。
大正15年から創業の旭屋は「ひとくち食べると思わず笑顔がこぼれる魔法の牛肉」というコンセプトのもと最高の肉を提供し続けてきた老舗だ。

その旭屋で大人気なコロッケ、それが神戸牛コロッケ極み。
コロッケに使うじゃがいもを畑づくりからこだわり、糖度が高くて甘味くて美味しいレッドアンデスを育て、最高級の神戸ビーフ100%をサイコロ状にカットして使用した贅沢な神戸牛コロッケ極み。

完全無添加の毎日作りたてを生のまま急速冷凍して発送しているために、一日200個しか作れないというのもあり、通販の発送待ちが増えに増えて157か月待ち(約13年)にもなるという。
それだけの待ちにも関わらず注文が殺到する人気に、ついに13年待ちにして通販受付を一時中断となってしまった。

それだけ人気の旭屋のコロッケ、是非とも食べてみたいじゃない。


スポンサーリンク


神戸牛コロッケ極みとは別のものだけど、畑作りからレッドアンデスを使うまでは全く同じで、唯一違うのは「最高級」という表記のない神戸ビーフを使っているというくらいだ。
きっとそれくらいの差なら、極みに近い味なはず。

 

神戸牛プレミアコロッケが届いた

ということで注文したのが5月上旬。
待ちに待った3か月、やっと旭屋からコロッケが到着した。
IMG_7582

さっそく開封してみる。
これが今回注文した神戸牛プレミアコロッケだ。
IMG_7583

コロッケが10個に国産牛の牛脂が2つ。
1個のサイズが直径10センチもあるとても大きくてボリューム感のある贅沢なコロッケだ。
IMG_7585

食べてみた

さっそく調理してみる。
油に牛脂を入れてコロッケを揚げる。
IMG_7587

はい、完成。
IMG_7602

もうこの時点でコロッケの香りが全然違う
中身はこんな感じだ。
IMG_7604

黄色味がかった特徴的なじゃがいも、そして角切りの神戸牛は思ったほど沢山入ってはいないようだ。

さっそくひとくち。
IMG_7606

サクッとした衣の食感、しっとり粘りのあるじゃがいもが特徴的だ。
まるで蜜芋のように甘味がとても強い。
そしてスパイスの風味がしっかり効いているので、そのまま食べてもとても美味しい。

精肉店なんかの揚げたてコロッケも甘味があってうまーとか言っていたが、そんなのとは比べものにならないくらいに甘味が強い。
3か月待ったかいがあったというものだ。

どうやら今なら2か月待ちで手に入るようなので、興味がある人は早めに注文することをおすすめする。
なにせタイミング次第では5か月待ちなんかにもなる場合があるからだ。

13年は待てないけど、2か月なら待てる人は挑戦してみてはどうかな?

 

-食レポ
-,