ラーメン 栃木のラーメン 食レポ

【栃木市城内】辛さの限界への挑戦!!拉麺雷多の辛の究極「激辛-ゲキシン-」LV1に挑戦してみた 35杯目

IMG_5655

拉麺雷多の辛いラーメン「辛」の辛さへの挑戦で前回8倍を制覇したわけだが。
辛さへの欲求はとどまることを知らない。

8倍では満足できずにさらに上を目指してみたい気になってしまった。
ストレス発散というカンフル剤にはもってこいだ。


スポンサーリンク


たぶん8倍に挑戦するような無謀な人はいないだろうと思いつつも、もしかしたらと期待をして雷多の大将に聞いてみると挑戦者は現れなかったらしい。
どうやらここからは孤独な闘い、自分との闘いが始まるようだ。

そんな戦いに備えて、今回は新たなアイテムを調達してある。
それを雷多の大将に提供して作ってもらったのがこれだ。
辛(900円)+チャーシューダブルトッピング(250円×2)の辛さ2倍。
IMG_5657

inキャロライナリーパーだ。

キャロライナリーパーってなんぞ?という人のために説明すると、辛の辛さを決めているカイエンペッパーは3万スコヴィルという辛さなのに対し、このキャロライナリーパーという唐辛子は300万スコヴィルという桁違いな辛さを誇っている。
2012年時点で世界一辛い唐辛子としてギネス認定されたほどのやばいやつだ。

ちなみにこの唐辛子は耳かき1杯程度(0.1g)が人間の限界と言われている。
それを小さじ1/2ほどのスプーン1杯(2.5g)をスープに溶かし込んでいるという代物だ。

すでに限界の25倍w
そこに辛2倍が追加されているので単純計算で306万スコヴィルということになる。
はたしてこんな激やばな一杯を食べることができるのだろうか。

今回のメニューを勝手に「激辛」げきからと書いてげきしんのLV1とでも呼称しよう。

では、さっそくスープをひとくち。
IMG_5658

ひさしぶりに感じる、この飲んだ時にむせるやつ。
とはいえ、いけない辛さではないな。

ただ、これが発汗作用がハンパない。
いままでなんだかっだいってもそんな汗だくになって食べるほどではなかったが、この一杯はスープを飲んだ瞬間から体中に暑さ感じる。
身体は正直というやつかw

それではさっそくいただうではないか。
IMG_5659

たしかにスープ単体では辛さを感じるが、麺と一緒となるとそれほどやばいというほどではない。
辛さで味がブレることもなく、麺の美味さをちゃんと引き立てている。

最初のひと啜りは若干注意して食べたが、ふた啜り目からは全然普通にいける。

そしてこの辛さがチャーシューの美味さも倍増させてくれる。
ホロホロなチャーシューとの相性はやっぱり抜群だ。

スープの完飲はやばそうなので避けるが、〆にはやはりこれ。
ご飯オンザチャーシュー、スープぶっかけ。
IMG_5660スープに浸っておじやのようになったご飯は、その甘味が辛さとマッチしてなんともたまらない。
たっぷり乗せたチャーシューがまたご飯のお供に最適。

今回の一杯も無事攻略だ。
もし挑戦してみたいと思った猛者は大将に聞いてみたら、もしかしたらチャレンジさせてくれるかもしれないw
ただ、辛いものは無理をすると胃痙攣とかになりかねないのでくれくれも注意をしよう。

拉麺雷多
住所 栃木県栃木市城内町2-21-24
TEL 0282-22-1750
営業時間 11:00~15:00/17:00~21:00
定休日 火曜

 

関連記事

こちらもおすすめ


-ラーメン, 栃木のラーメン, 食レポ
-, ,