読み物

ブログを書きたいけどネタが思いつかないから続かない?なんだってネタにはなるよね

2015123001よくブログをやってみたいと考えている人の話で必ず出る話題が「ブログに何を書いたらいいかわからない」「そんなにネタがない」だと思う。
どうしてもブログというものをするあたって構えてしまうので、やる前から挫折ぎみになり結局は話しの最後には「ブログやらねー」という〆になるのがお約束。

どうしてブログだったり、何か文章を作り出すことに抵抗のある人が多いのだろう。
まず「やってみろ」といいたい。

 

こまけぇことはいいからやってみろ

なにごともやってみなくては始まらない。
最初からブログの記事を作るのがうまい人と比べてこんなの無理だなとかナンセンス。
誰でもそんな記事を最初から書けるわけがない。
やらなくては上達しないし、やり続ければいづれはそんなうまい記事が書けるようになるかもしれない。

だからまず「やってみろ」

関連記事:何事もやり続ける事が大事。やり続ければ凡人もプロフェッショナルになれる

 

2015123003だた、ブログの記事を書くにあたってプロットを考え、起承転結に箇条書きしてから書くといいとか説明している人もいる。

たしかにそれも大事だ。
大まかなプロットが出来ていれば記事も書きやすいだろう。

でも、そんな面倒なことはやらなくたって記事くらい書ける。
もちろんしっかりとした記事を書く時には必要なことだが、普段のブログの記事を書くくらいならそんなものいらない。

実際、いままでブログを書いてきてすべて頭の中で思いついたままに書いている。
それこそが記事を書くのに慣れているから、自然と頭の中でプロットが出来上がっているんだと言われればそれまでだが。

書き方がわからないから書けないとかそんなのも関係ない。
誰かに1から書き方を教わって書くのもいいかもしれないが、それはその人の書き方であって自分らしさはその時点で無くなっている。

だから、とにかく理屈を言ってないで「書け」ということだ。

 

書くネタが無いからムリ

2015123002

とりあえずブログを書けといわれても、ネタが無いから書けない。
言わせてもらえばネタなんてものはいくらでも作り出せる。

それこそうちのブログのようにラーメン屋に食べに行った記事とかだっていい。
ただ、「食べてきた美味かった」みたいなゴミみたいな記事は誰にも読まれない。
身内ならともかく他人には何も興味を示されない。

だから食レポをするなら料理を食べてみたくなるような記事の書き方、お店についてなど他人に役に立つ情報も書くことが必要になる。

でも、そんなのはお店に実際に行ってくればいくらでも書くことはできる。
だからそういったものから始めるのもいいかもしれない。

それすらも面倒なら、せめて小学生の感想みたいな「美味しかった、また行きたいです」で終わりみたいなものじゃなくて、それなりの記事を書くように心がけることから始めよう。

共通の悩みや境遇は好まれる

悩みごとやなんかに関わる記事を書くというのもとても良い。

たとえばダイエットに悩んでいる人が「どうして太ったのか」「どんなことでダイエットしているか」「実践してきたことの効果」「日々の結果を詳細に書いていく」、なんてことを記事に書いたりするのもいい。

某○製氏のように「嫁が昼過ぎまで起きない」「小遣いが毎月1,2万」「金足りないなら働け」などのグチを言うなら、それをそのままブログで書けば同じ境遇の人から共感がもらえたりするはず。

そういったジャンルは王道中の王道だ、そういう境遇の人こそ記事のネタの宝庫なんだからいくらでも書けるはず。

適当に身近なものをネタに書いてみる

ちなみにこの記事「日本人の朝食といったらやっぱコレでしょ!このネバネバズルズルがなんともいえない」なんかは朝にたまたま納豆を食べたから思いつきで何も考えずに書いたものだ。
ちょっとネットで調べた情報も付け加えたので、調べ物する時間もあって30分近くかかってしまったが、記事を書いている時間自体は10分程度だ。

こんなふうにネタなんていくらでも生活の中に転がっている。

とにかく「面倒」「ネタが無い」なんて考えずにひとまず書いてみよう。

 

書くだけならルールは無い

マナーや常識的なものは当然として、ただブログを書くだけならルールなんてものはない。
好きなようにやればいい。

もちろんアクセスを考えたり、マネタイズなんかを考えているならドメインを取得したり、レンタルサーバを借りたりなんてことも必要だし、記事の書き方、タイトルの決め方、更新頻度も重要になってくる。

ただ、書くだけなら無料ブログで十分だ。
ドメインを取得して独自に始めると最初の3ヶ月間はとにかくアクセスが0に近い状態だ続き、初めてブログを書くような人はここで挫折することは間違いない。

でも無料ブログなら書けばとりあえずアクセスは必ずあるといってもいいくらい。
読者も増やしやすいので初心者からすればそういったものがモチベーションに繋がると思う。

だからとりあえず書いてみたいという初心者には「アメブロ」「はてブロ」あたりの無料ブログあたりがおすすめ。

とにかくまずは「理屈はいいから書け!」話はそれからだ!

関連記事:なぜブログを書き続けているのか?一年間毎日更新を続けて思ったこと

 

 

-読み物
-, ,