ラーメン 栃木のラーメン 食レポ

2週間ぶりの煮干しの補給にめんや天夢でセメント鬼を堪能してきた 14杯目

IMG_3009何気に2ヶ月もめんや天夢の煮干し成分MAXなメニューを食べていないことに気がついた。

どうりで最近にぼしパワーが足りないなーと感じていたわけだ。
どんなわけだ?

てことで日曜の12時にお店に来ると、行列は無かったものの席は全て埋まっていた。
それから少しして一気に外にも並ぶほどの状態に。
どうやらタイミングが良かったらしい。

そんなわけで二ヶ月ぶりとなるセメント鬼(880円)の登場だ。
IMG_3010相変わらずのこのセメントのような色味、そしてその上で踊る鮮やかな色彩のトッピング達。

濃いめにしてくれたという今回のスープは今までの煮干し不足を一発で解消してくれるほどのインパクトだった。
IMG_3012スープというよりはもうペーストに近い粘度がやばい!!
香りも濃厚な煮干しの香りがとても食欲をそそる。

粘度の強さゆえに塩分濃度は若干上がってしまうが、重度ニボラーには最高の一杯だ。

そして麺。
IMG_3013このスープを根こそぎもっていきそうな勢いの絡みはどうだ。

パツパツで歯応え抜群のストレートな細麺が相変わらずの美味さ。
替え玉必至だな。

そしてこのスープに欠点がひとつあり、麺との絡みが良すぎるので替え玉を注文するつもりの人は注意しないとスープがなくなってしまう。
なので、麺を啜るときに麺を箸で挟みながら食べると、麺から適度にスープを脱着させることができる。

これで替え玉も丁度良いスープ量で堪能することができるのでオススメだ。

とまぁそんなこんなで2ヶ月ぶりのセメント鬼は最高の一杯だった。

関連記事:めんや天夢行ってきた

 

-ラーメン, 栃木のラーメン, 食レポ
-, , ,