カップ麺 食レポ

【カップ麺】日清のどん兵衛焼うどん 担担 花椒仕立てを食べてみた

日清の人気シリーズであるどん兵衛は1976年から発売開始されたロングラン商品だ。
そのどん兵衛シリーズに新たな商品が誕生した。
発売が開始されたのは2017年2月20日、実は今のいままでそんな商品が存在していたなどと思いもよらなかった。

どん兵衛といえば、うどんとそば。
あの独特のクセになる美味さのスープが特徴的だが、まさかのこの発想は予想外。
まぁただ知らなかっただけなのかもしれないがw


スポンサーリンク


それが今回購入してきた日清のどん兵衛焼うどん 担担 花椒仕立てだ。

なんとこのどん兵衛、焼きうどんという名だけあり、カップ焼きそばのようにお湯を捨てて食べるタイプらしい。
しかも辛さしびれる花椒仕立てとかいわれたら激辛ハンターは黙っちゃいない。

開封してみると、フタに貼りつけられた花椒パウダーと内部に入れられた液体スープの二つが付いている。
花椒パウダーは少量でピリ辛、半分で中辛、全量でシビれる辛さになるらしい。

まぁもうわかってるよねw

麺はうどんなので当然太麺、かやくはチンゲン菜、味付き豚ミンチがすでに入っている。

さっそくお湯540mlを入れて待つこと5分。
まずは液体ソースを投入。

ねりごまが入っているからか全体的にドロッとした感じになっている。
ラー油のような色をした香味油と香辛料なども効いているがこの時点では辛さは大したことはない。

それではしっかり混ぜ合わせたらお約束の花椒全投入。

途端に広がる花椒の豊潤な香り。
これはきっとガチシビなやつに違いない!!

軽く混ぜるとひとくち。

口に含むと同時に鼻腔を抜ける香り。
うむっ!そんな辛くない!!しびれ感もいまいち!!

香りの割には意外と普通な辛さ。
花椒特有の辛さの中に感じる甘味は感じられるのだが、いかんせん辛さを控えめにしてしまったのがまだまだチャレンジ精神が足りないな。
まぁどこにも激辛とか書いてないから当たり前なんだけどw

ただ、うどんのもっちり感が相性抜群。
うどんでこれをやろうと考えた人はわかってるなー

ちょっと自分で香辛料をブーストさせてやればいけそうなポテンシャルは感じる。
いつかチャレンジしてみよう。

日清のどん兵衛焼うどん 担担 花椒仕立て
発売日 2017年2月20日
価格 180円(税別)
内容量 114g
発売地域 全国
カロリー 510kcal
タンパク質 8.0g
脂質 23.9g
炭水化物 65.7g
ナトリウム 1.6g
ビタミン類 0.81mg
カルシウム184mg
塩分相当量 4.1g

 

 

-カップ麺, 食レポ
-,