PC トラブル解決

Windows10にアップグレードしたらまずはやっておきたいたった1つのこと

2016/11/23

2016031004そろそろwindows10にアップグレードをした人も多いことだろう。
とはいえ、まだまだアップグレードには不具合も多く安定した運用というのもなかなか難しい。

そんななかでまず注意しないといけないのがドライバ問題。
デバイスドライバーが対応していないせいでアプリが起動しなかったり、最悪はPC止まってしまったりなんてことになりかねない。

なので、まず最初にデバイスドライバーを最新のものに更新してやる必要がある。
方法はいろいろあるが、初心者でも簡単にできる方法を紹介したいと思う。


スポンサーリンク


 

ぶっちゃけ1つずつ確認すればいい

なんのことはない、ドライバを1つずつ確認してやればいいだけ。
専用のツールを使ってとか、削除して再認識させたりインストールしたりとかそんなことは初心者の人は絶対やらないはず。

なのでまずはこれらをすべて確認をしよう。

まずはスタートボタン上で右クリックすると表示されるメニューから、デバイスマネージャーをクリックする。
20160312005

するとこのようにデバイスマネージャーが表示される。
20160312004あとは上から順番に項目の「>」を左クリック。
表示されるたデバイスの上で右クリックすると表示される「デバイスドライバーの更新」をクリックする。

20160312006次に表示された項目から「ドライバーソフトウェアの最新版を自動検索します」をクリック。
もしドライバーをすでにダウンロードするなど持っているなら「コンピューターを参照」でも構わないが、まぁよっぽどのことでもなければ自動検索で十分。

自動でオンライン上で検索をしてくれる。
20160312008
ドライバーが最新のものならこのように「このデバイスに最適なドライバーソフトウェアが既にインストールされています。」と表示される。
20160312009

もしドライバーが古い場合は自動でインストールしてくれる。
20160312007
試した結果、うちのPCではグラボのドライバーだけが古いものだった。
自動更新の設定にしてあったと思ったので、きっとWindows10用のドライバーなのだろう。

この手間を惜しむと、ただでさえ不具合の多いWindows10がさらに挙動がおかしくなってしまう。
なので忘れずに確認だけしておこう。

 

こちらもおすすめ
Windows10にアップグレードしたらブルートゥース機器が使えなくなった時の意外な盲点

そろそろWindows10も熟してきた頃だろうしインストールメディアの準備だけしてみた

 

-PC, トラブル解決
-, , ,