映画 洋画

ダヴィンチ・コード

2016/07/09

なにやら公開前から色々な意味で評判な感じだが、そんなのは関係なく面白そうなので見に行ってみた。

詳しい内容は見てからのお楽しみということで秘密。
ひとつ言える事は、この手のものは原作読まないほうが楽しめるなーって感じ。
ていうか終わってから「ここはこうだろー」「あれは○○なんだ」とか自慢げに色々原作の解説する人ウザイデス|電柱|_-)
ta660
謎解きがあったり予想外の人物が犯人だったり、色々と歴史上の出来事やダヴィンチの作品などがうまく絡み合っているなーって感じ。
フィクションだから作られたことなんだが、なるほどーと思えてしまうことがたくさんあった。
早速小説を買って来ようと思った。

宗教の問題で観ない人とか、前評判でつまらなそうだから観ないという人がいるが、少しでも興味があるならまず観に行こう!!

おまけ

なにやら今日のテレ朝の映画は「クリムゾンリバー2」らしい。
今日はジャン・レノだらけだな(-_-)
観たこと無かったのでいままでホラー映画と思っていたが・・・
内容は観てのお楽しみとして

どうやらキリストとか宗教関係の内容で、儀式的に殺害が行われ最終的には宗教遺物を発見するといった感じ。
使徒やら儀式は意味無いような気がしたりするが、これこそインディージョーンズだなと思ったり(-_-)
最後の仕掛けなんかまんまだな。
という感じだったが、楽しめた。

ということで今日は宗教三昧だったな。

 

-映画, 洋画
-, ,