栃木のラーメン 食レポ

小山市の激辛ラーメン店。うまからタンメンきすけで龐煖を食べてみた

旨辛系のラーメンと言えばまず思い浮かべるのが中本だろう。
栃木県にも旨辛系のラーメン店ができないかと思っていたら、すでに存在していたらしい。

それが小山市にあるうまからタンメンきすけ。
2017年1月29日にオープンしたお店だが、まさか半年以上も気づかなかったとは激辛マニアとしては失態だ。

ただ辛くすればいいんじゃないかという本当の激辛をわかっていないお店があるなかで、旨辛系は辛さの先にある旨さにこだわる本物の激辛マニアが追い求める姿を体現している。

そんな旨辛店の存在を知ってしまっては行かないわけにはいくまい。
ということでさっそく行ってみた。


スポンサーリンク


 

うまからタンメンきすけ

ここがそのうまからタンメンきすけ。

数件の店舗が連なる建物の一角にそのお店は佇んでいた。
夜に訪問すると結構わかりづらい。

そして店舗前に2台駐車スペースがあるが、これがとても入りづらいので注意が必要だ。

店舗入り口にはスポットクーラーがフル稼働していた。
右手が厨房になり、そこを囲むようにL字のカウンターに7席、左手にテーブル席2卓、その奥に小上がり2卓となっている。

店内では豪快にむせるお客がいたり、辛さに悲鳴をあげていたりと今からワクワクが止まらない。

カウンター席は先客ですべて埋まっていたので、テーブル席へ陣取る。
備えつけは紅ショウガ、酢(たぶん)、レモン入りのお冷。

 

メニューは壁に貼られたキングダム愛(笑)が伝わるこれらのみ。

すべて900円固定となり、
河了貂1辛
李信3辛
王騎10辛

とそれぞれベースの辛さが決まっている。
ここに自由に辛さをマシてカスタマイズすることができる。

10辛の王騎に辛増の大将軍を加えることで最大15辛まで可能だ。

もちろん麺の増量なども可能。

そして今回挑戦するのは、昼夜各10食限定のつけ麺龐煖(1,000円)だ。

きすけで一番の辛さを誇る15辛。
ちなみにノーマルのつけ麺謄ですらすでに10辛あるようだ。

スープ系は熱さで辛みが倍増するが、つけ麺は辛さの濃度はハンパないのでこれが攻略できればスープ系は攻略したも同然のはずだ。

 

つけ麺 龐煖

そんなわけでこれかその限定つけ麺の龐煖。

太麺の上にトッピングされているのはゆで卵、ザク切りのネギ、ボイルされたもやしとキャベツがたっぷり。
アクセントに黒コショウがかけられている。

つけスープにはたっぷりのラー油状の油の層の守られるように真っ赤なスープが見える。
そしてこれまたたっぷりのネギ。

油の層で湯気はほぼ無いので香り自体はそれほど刺激的ではない。
なるほど、どうりで店内はそれほど刺激的な香りが充満していないわけだ。

まずはスープを味見。

味噌ベースでドロッとしたスープに真っ赤な油。
勢いよくすするとむせるほどの刺激的なスープだが、辛味は思ったほどやばくはない。
お店の基準がわからなかったのでいきなり15辛はどうかなと思ったが、なんてことはないカップ麺で食べた北極の方が全然辛い。

コクと深みがあり、ほどよい酸味とほのかな甘味がクドさもなくまさに旨辛だ。

それでは麺をいただく。

太麺を浸すとガッツリと絡みつくスープとそこに潜むカイエンの姿。
もっちりコシのある麺はなかなか美味い。
スープとの相性も抜群だ。

ネギの風味がなんともたまらない。
麺の上にあるネギも先入れしておくと丁度よいクタクタ加減になっていいだろう。

辛さのその先にあるものを感じるほどの辛さではないので、喉が痛くなるとかそういったことも全くない(※激辛マニアに限る)。
激辛マニアなら容易に攻略可能だろう。

これはいい激辛だ。
旨辛と謳うだけはあるな。

たまにキャベツやもやしを浸して食べると甘味が増してさらに美味い。

ぶっちゃけこの野菜で辛さをリセットできてまうので、この一杯はある意味ヌルゲーだ。
たまに野菜を挟みながら食べれば容易に完食できてしまう。

ただ、量が結構あるので辛さよりも満腹感にやられそうになってしまった。
大盛りとか無茶ぶりしなくて正解だったな。

そしてネギを後回ししてしまった結果、スープが足りずに素ネギを食べることになってしまい残念ながら食べきることができなかった。
スープの絡みが抜群なので、ペース配分を考えるかネギは早い段階でスープに投入してしまわないと同じ轍を踏むことになるので注意だ。

 

ビジュアルやばすぎオギコ

辛さが未知数だったので一緒に注文しておいたオギコ(100円)のインパクトやばすぎる。笑

ジョッキ一杯の牛乳にメロンシロップあたりを加えたのだろうか?
意外とこの甘味嫌いじゃない。

見た目に臆することなく一気飲みすることをおすすめする。
辛いものの後にはアリかもしれないな。

 

最後に

そして会計時に10辛以上を食べた人へのプレゼントであるPINOアイスをもらって撤収。

いづれまた王騎の攻略にでも再訪しよう。

うまからタンメンきすけ。
これからも旨辛な一杯を極め続けてほしいお店だ。

うまからタンメンきすけ
住所 栃木県小山市土塔247-64
TEL 0285-39-8813
営業時間 11:00~14:00/18:00~21:00
定休日 月曜

-栃木のラーメン, 食レポ
-, ,