ステーキ 軽井沢スポット 食レポ

軽井沢で人気のステーキ店。ザ・カウボーイハウスでステーキをワイルドに喰らう

軽井沢のステーキハウスであるところのザ・カウボーイハウス(THE COWBOY HOUSE)。
中軽井沢の星野エリア、ハルニレテラスと隣接するザ・カウボーイハウスはステーキを食べるならここ、といわれる位にメジャーなお店だ。

せっかく軽井沢まで来たのにステーキ?と思うかもしれない。
ぶっちゃけ軽井沢に来たらこの料理を食べるというのではなく、軽井沢に来たらこのお店で料理を食べるといったお店で選んでしまって構わないと思う。
それがフレンチだったり、カフェだったり、蕎麦だったり人それぞれだろう。

そんな中からチョイスしたのがステーキだった、それだけだ。
今回お盆に訪問したわけだが、これが想像以上に人気でやばかった。


スポンサーリンク


 

ザ・カウボーイハウス

風格すら感じる年季の入った建物こそが今回の目的地のザ・カウボーイハウスだ。

訪問したのはオープン30分前の11時頃。
すでに店舗左手の駐車場は満杯で、店舗前のスペースに横付けされている車があるほど。

外装はいかにもアメリカンといった雰囲気をかもしだしている。

10時過ぎからすでに行列のできていた待ち合い所の列にさっそく並ぶことにしよう。

どうやら11時から名簿への名前を記入できるらしく記入順に店内に案内されるようだ。

元の建物に増設されたであろう待ち合い所にはベンチが2脚用意されているが、満杯で座るどころではない。笑

ところどころに飾られたディスプレイも雰囲気抜群だ。

この時はお盆だったのもあり、名簿の記入をした段階で12時半までに来店厳守を言われる。
11時の段階ですでに1時間半待ちとかハンパない。

もちろん時間通りに来ないお客もいるので、そういうお客は後回しになるので時間前に来るのは必須だ。
30分前ほどに再訪問すると、案の定時間までに来ないお客がいてあと数名で呼ばれる状況だった。

この名簿記入時に再訪問時間の来店厳守されるのには訳がある。
実はこの段階ですでにお客の調整がされていて、12時の段階ですでにお客の受け入れが終了してしまう。
なので記入をしてすっぽかすお客のせいで、お店に本当は入れたのに断念せざろぅ得ないお客が出てしまうからだ。

お盆などのレジャーシーズンにはとにかく早めに行動が吉だ。

 

内装もアメリカンで雰囲気抜群

さっそく店内へ。

内装もアメリカンな感じで雰囲気抜群だ。
ステーキやフライドポテトをガッツリ食うにはこれほど最適な場所はないだろう。

まるで居酒屋のような店員の活気のある声が響き渡る店内は独特の雰囲気でもある。
店舗に入るとレジカウンターがあり、その右手にテーブル席が4卓、その正面が厨房だ。
結構広めに見えるが中に入ってみると意外とこじんまりとしている。

 

メニュー

さっそくメニューをチェック。

メインのステーキに、サラダやパスタなど意外とシンブル。
ステーキはカウボーイステーキ(リブロース)とテキサスステーキ(フィレ)の2種類のみで、がっつり食べるなら500gまでチョイスできるカウボーイステーキ、美味しさを重視するなら300gまでチョイスできるテキサスステーキを選ぶといいだろう。
セットのライスもプラス200円でガーリックライスやガーリックトーストにチェンジできるのもうれしい。

ステーキソースはザ・カウボーイハウス秘伝の醤油ソース、信州味噌を使ったソースの2種類が提供されるので好きな味を楽しむことができる。

ちなみにメニュー表以外のスープやサラダ、デザートなどは黒板メニューに掲載されている。

他にもランチ限定の1日各10食限定(1,000円)で、
・スペアリブプレート
・テキサス牛ビラフ
・カウボーイハンバーグ

などもおすすめだ。

 

冷製ビーツのスープ

そんなわけでまずは冷製ビーツのスープ(550円)からいただく。

ワイルドな感じのスープが出てくるかと思ったら色鮮やかでオシャレな一品だ。

さっそくひとくち。
トロッとした食感、酸味のある爽やかな味が心地よい。
暑い日には冷たいスープにさっぱりした後味が最適。

黒板メニューは季節などによって違うようなので、当たりを引いたようだ。笑

 

カウボーイステーキ

今回メインにチョイスしたのはカウボーイステーキ300g(3,500円)だ。

みごとなバーンストライプの肉厚のリブロース。

付け合わせはコーンにフライドポテト。
ステーキの下にはもやしが敷かれている。

ソースは醤油と味噌の二種類。

まずは醤油ソースからいってみる。

 

この瞬間が一番ワクワクする。

さっそくひとくち。

芳ばしい醤油の風味がジューシーな肉汁と絡まって美味い。
そしてほどよい肉感で食べやすい。
スジや脂身も気にならない。

肉質自体はまぁ普通ではあるが、がっつり食べたい気分だったので満足だ。

続いて味噌ソースで食べてみる。
いいミディアムレア加減だ。

味噌特有の風味もしっかり感じられ、後味に甘味を感じるコクのある味だ。
まぁ醤油ソースの方が好きだな。笑

そしてここで味変だ。

肉のために生まれたソース、チポートレイペパーソース。
オニオンやガーリックの風味、唐辛子などの香辛料がブーストされ美味さ倍増、ワイルド感も倍増。
最初からかければ良かったレベルにステーキの旨味が格段にアップしている。

これをたっぷりかけて食べると最高だ。

 

ピーチコンポート

〆のデザートは黒板メニューのピーチコンポート(500円)

濃厚なももの風味にクセのない甘味、シャクシャクとしたフレッシュな食感もたまらない。
後味すっきりでがっつりと食べた後には丁度よい。

もう2、3個くらい食べたいところだが、金銭的にとんでもないことになりそうだったのでこれで〆。

 

最後に

レジャーシーズンにとても混みあうザ・カウボーイハウス。
※普段も混み合う
オープン後待たずに入りたいなら、10時くらいには待ち合い所で待機するのがベストだろう。

11時から名簿に記入をしてオープンと同時に店内に入れるので、わざわざ全員で時間まで待つ必要もなく誰か代表待ちしても問題ない。
記入をしてあとは車で待機するといい。
ちなみに電話予約は受けつけていない。

あとから予約に来るお客がどんどん並ぶのでそこで待つのはオススメできない。

どんなに早く来ても結果的に1時間以上は待つことになるので、あらかじめ覚悟して訪問しよう。

ザ・カウボーイハウス
住所 長野県北佐久郡軽井沢町長倉2144
TEL 0267-46-3984
営業時間 11:00~14:00/17:00~21:00
定休日 火曜日
喫煙 可
予約 店舗で名簿記入

-ステーキ, 軽井沢スポット, 食レポ
-, ,