食レポ

岩下の新生姜の漬け液を使ったピンクジンジャーエールを飲んでみた

新生姜の発売から30周年を迎え、最近挑戦的な新商品を世に放ち続けている岩下の新生姜で有名な岩下食品。
ついにというか2017年6月14日に既発売ではあるが、岩下の新生姜の漬け液を使用したドリンク、PINK GINGER ALE-ピンクジンジャーエール-が登場した。

発売したのを忘れていたずっと気になっていたのだが、先日お店で発見して存在を思い出したのでさっそく購入してみた。
果たしてどこまで新生姜感があるのか、漬け液を使ったジンジャーエールがどんな味なのか飲んでみた。


スポンサーリンク


 

PINK GINGER ALE-ピンクジンジャーエール-

これがそのPINK GINGER ALE-ピンクジンジャーエール-だ。

まさにピンク色したジンジャエールは、新生姜の漬け液を彷彿させる。
グラスに氷を入れて注ぐと淡いピンク色がとてもオシャレだ。

新生姜の漬け液を使用しているというので一体どんな香りがするのだろうと思いきや、生姜のすっきりした香りのする普通のジンジャーエールと遜色ないものだ。
グラスに注ぐとピンクに泡立ち、さわやかな香りが広がる。

あの子供の頃から食べていた岩下の新生姜が30年を経てこんなオシャレなドリンクになってしまうとは想像し得ただろうか。

 

すっきりさわやかで夏にぴったり

さっそく飲んでみると、爽やかな酸味、生姜の辛み、程よい甘さが口の中に広がる。
もちろん新生姜を彷彿させる風味をほのかに感じられる。
炭酸の清涼感が暑い夏にキンキンに冷やしてグビグビいきたくなる。

新生姜漬け液を使ったうえにピンク色なんて、とんでもないものをぶっこんできたなと思ったがかなり完成度が高い。
このまま飲んでもいいし、アルコールと割って飲んだりしても全然合いそうだ。

オシャレなバーとかでこのピンクがとても映えそうだ。
県内はもとより、県外関東圏、愛知などの居酒屋だけでなく多数の飲食店で提供されているので、自分で購入して飲むのもいいが、お店独自メニューを堪能するのも面白いかもしれない。

ピンクジンジャーの飲めるお店はこちらでチェック!

発売は栃木県内のヨークベニマルや新生姜ミュージアム、オンラインショップで購入可能。

 

暑い夏に清涼感のあるピンクジンジャーエールとかどう?

-食レポ
-,