アウトドア レビュー

LED投光器を実装したら夜のアウトドアが省エネなうえに劇的に快適すぎてやばい

アウトドアの夜に光を灯すといったらやはりランタンが定番だ。
使用する燃料もガソリン式や電池式、電源式などから明るさもさまざまだったり、手軽に使用できるものから日頃のメンテが必要なものまで多種多様なランタンが存在する。

たしかにアウトドアといえばランタンの灯りが雰囲気的にも最高かもしれない。
ガソリンランタンなんて使ったらかっこいいし憧れる。
だがやはりガソリンなどの燃料も必要になるし、メンテもしっかりしないといけない。
めんどくさがりでは扱えない代物だ。

そういった敷居の高さから安価な電池式のランタンを購入して、あまりの光源の弱さに辟易したことがある人もいるだろう。
そんなうちらExplorersもメンバーどうしで資金を出し合ってアウトドア装備を購入しているのもあってなかなかちゃんとしたものを購入することができない。
それゆえにアウトドアの夜は薄暗い中での活動をすることが多かった。

形式にさえこだわらなければめんどくさがりでも手軽に利用できるものは意外と沢山ある。
電源のある場所で使用するという条件はあるが、見た目を気にしなければ安価で強力な光源を手に入れることが可能だ。

そんな一つが今回紹介するLED投光器だ。


スポンサーリンク


 

NLAセレクトの薄型LED投光器

今回手に入れたのはNLAセレクトの薄型LED投光器50W。

まずこのLED投光器だが日本製ではなく中国で製造された商品だ。
なんとなく中国製と聞くと尻込みする人は必ずいると思うが、生産工場ではISOを取得しており徹底した生産管理や清潔な環境で製造されていて、最新鋭の精密機械での検査後に出荷をするという高品質、高性能にこだわっているので安心感がある。

そしてこのLED投光器は家庭用コンセントで使用可能なうえ、防水防塵対応のIP66取得の商品なので屋外でも問題なく使用可能なので屋外でアウトドアに使用するにはうってつけ。

開封してみた

中からはプチプチの袋に包まれた無骨なLED投光器が姿を現す。

LED投光器とペライチの取扱説明書のみととてもシンプル。

LED投光器は275mm×285mm×70mmと薄型なのでかさばらないというのもうれしい。

防水ゆえに廃熱の孔がないため、背面は独独の機構になっている。

コードは底面からでているので邪魔にならない設計だが、長さは3mしかないので屋外で使う場合は延長コードなどが必要になりそうだ。

電源スイッチは同様に底面の左側にある。
IP66取得により耐塵対策および耐水(雨など)も最高ランクというのもうなずける構造だ。

スタンドがついているので地面に直置きすることも可能だし、ネジ止めも可能なのでガレージなどに設置することも可能。

配線などの必要もなくすぐに利用可能というのがうれしい。

 

 

品質テストも万全

安心安全なLED投光器を提供するために、以下のような品質を高める6つの品質保証が付いている。

1.劣悪な環境に耐えうるIP66取得
耐塵の最高ランクを獲得しているので粉塵が内部に侵入することがなく、防水レベルも高いので雨の日(台風大雨はのぞく)でも内部に水が浸入することがない。

2.製品保護回路付き
求めやすい価格帯でありながらもさまざなリスクを無くすために保護回路がついている。
独自の2重な安全対策により耐久性、安全性を重視している。

3.徹底した明るさ保証
各商品ごととにルクス(光に照らされた面の明るさ)、ルーメン(照明器具の明るさ)を計測しているので確実な性能が保証されている。

4.部品にこだわる高寿命設計
LEDチップから内部の部品にまでこだわり、良質な部品を使うことで少しでも長く使用できる高寿命な製品になっている。

5.日本国内の審査をクリアしたPSEマークを取得
危険性や障害の発生を防止するための日本独自の厳しい審査をクリアした証であるPSEマークを取得している。

6.高出力で省エネ
いくつもの審査をクリアし、良質な部品を使うことでLEDの力を最大限に発揮していながらも省エネも実現している。
他のタイプの照明と比較するとLEDは1/3から1/4のワット数で同程度の明るさを確保することができる。

なので、1日使い続けても19.58円と経済的。

 

性能まとめ

家庭用コンセントに差し込むだけなので手軽に利用でき、明るさも4,500ルーメンと圧倒的で夜間でも細かな文字が読めるほど。
屋外でのアウトドアやイベント、倉庫や屋外スポーツ、作業場など色々な場面で活用が可能。

IP66取得により耐塵対策は最高ランク、雨の日の内部に水が浸入する心配もないので屋外でも問題なく使用できる。
ただし台風や大雨の時には一時的に屋内にしないと水が浸入する恐れあり。

自社サイトから購入すれば1年間の交換保障が付いてくるので、もし不良があっても1年間は無料で交換してもらえる。

サイズは使用環境に合わせて3タイプ。
・10W投光器 120mm×127mm×45mm
・20W投光器 184mm×178mm×50mm
・50W投光器 275mm×285mm×70mm

LED Power: 50W
動作電圧:85v-265v
防水等級: IP66
色温度: 6500K
最大光束(明るさ):4500LM
照射角度:120度(広角)
使用可能温度:-45℃~60℃
重量:約2100g
本体材質:アルミ
レンズ材料:ガラス
最大寿命:約30000時間
サイズ: 275mm×285mm×70mm

 

使ってみた

実際にどれくらいの明るさなのか試してみた。

想像以上に明るく光るので結構驚く。

しかも100mくらい先にも余裕で光が届いていたので、設置する時には周囲にも気を配る必要がありそうだ。

低い位置に置くと近距離の明るさは昼間並み。

明るすぎるがゆえに人などの影ができると真っ暗で何も見えなくなる。

アウトドアでは高い場所に吊るすなどして利用するのがベスト。

ベストな配置にすると夜でもこれだけ快適な空間を確保することがてきる。

光源をさえぎらないように座る必要があるが、これなら肉が焼けたかどうかも容易に確認することができるはずだ。
※当然だがすべてフラッシュ不使用で撮影。

虫問題

LED投光器なら虫が寄ってこないんじゃないかと期待したが、残念ながら虫はゼロにはならない。
虫よけの蚊取り線香などを焚いておけばまったく虫の存在が気にならないくらいにはなるので、他のライトを使うよりかははるかにいいと思う。

ちなみにこの時は2カ所に蚊取り線香を設置。

 

最後に

今回夜のバーベキユーにLED投光器を使用してみたが、さすがは4,500ルーメンなだけありとても快適に過ごすことができた。
これで虫がまったく寄ってこなかったら最高だったのだが、まぁそれくらいはアウトドア用の蚊取り線香を使えばどうとでもなる。

逆に言えば、蚊取り線香だけで虫をまったく気にしないで済むレベルにできるという意味にもなる。
今回利用したのが6月中旬だったので、まだ虫の発生するピークではなかったのもあるかもしれないので条件次第ではどうなるかは不明。

あとは高い位置から吊るすものは必須なので改めて調達する必要がある。

ガレージの照明や作業の手元を照らすには十分すぎる性能を発揮してくれるはずだ。

省エネで耐久性があり、高性能でありながらも安価のNLAセレクトのLED投光器、なかなかおすすめのアイテムだ。

 

 

 

-アウトドア, レビュー
-,