食レポ

シーズンオフまであとわずか?かずちゃんちの征ライスアレンジの征カレーライスを食べてみた

栃木市にあるからあげと焼きそばの店であるかずちゃんち。
からあげでもなく、焼きそばでもない限定が激ウマで人気だったりする不思議なお店。

最近巷で大人気の征ライスがとにかく美味い。
一度食べるとクセになるジャンク感の塊のようなメニューだ。

某立川マシマシのマシライスをインスパイアしたメニューなわけだが、すでに立川マシマシの味とは随分違ったものに進化をしている。
立川マシマシは濃いめの辛めの油少なめに対して、かずちゃんちの征ライスはほどほどの濃さに辛さ控えめ油多めという特徴がある。

最近ヘビロテ気味だった征ライスもついに来月でシーズンオフとなり、しばらく食べることができなくなってしまう。
なんだったら征ライスシーズンの到来まで用に冷凍保存して月1杯ずつ食べるのも辞さない構えではあったが、ひとまずは今月ラストの1杯を求めてやってきた。

重度な征ライサーなら当然だろう。


スポンサーリンク


 

究極カスタマイズの征カレーライス

普通に食べてもよかったのだが、ここは普通では絶対成しえないカスタマイズをしてみようではないか。
それは何か?
自作カレー粉を使ってのカスタマイズだ。

丁度よいことにかずちゃんちにボトルキープならぬスパイスキープしてある1年寝かせたカレ―粉がある。
それを加えて柾カレーライスを作ってもらうこにした。

これがその柾カレーライス。
※断じてキーマカレーではない!

黄色味を帯びた油をまとったそぼろ肉からは深みのあるスパイスの芳醇な香りがただよう。
それにしても火が通るとシナモンくさいカレー粉がほんと見事に変化を遂げてくれる。

ここに辛みを鬼マシしてしっかり混ぜ合わせれば準備完了だ。

辛さがほどぼとだったカレー粉に辛みが加わると劇的に美味くなる。
やはりカレー風味との辛さの相性ば抜群だ。

今月ラストの1杯もしっかり堪能することができた。
心残りなのは2杯しか食べられなかったことだが、やはりペース配分は重要ということだ。

やはり最初の1杯にブーストかけすぎたせいで、翌日まで余波が残ってしまったのが一番の要因だろう。
次回は初日にノーマル2杯、翌日にブーストした1杯という感じでいこうと思う。

重度な征ライサーなら来月のシーズンオフ前のラスト征ライスまでに身体を仕上げておくぐらいの気概は必要だろう。
※主にダイエット的な意味合いで

来月のラスト征ライス、今から楽しみだ。

 

かずちゃんち
住所 栃木市大平町榎本628-6
TEL 0282-43-2900
営業時間 10:00~18:00
定休日 日曜、第二月曜

関連記事

-食レポ
-, ,