アウトドア アウトドア料理

キャンプの朝から自作カレー粉でカレーを作ったら色々やりすぎた。極濃野菜たっぷりチキンカレーのできるまで

キャンパーの朝は早い。
前日は27時過ぎに就寝したというのに自然と6時に目が覚めてしまった。
早朝の澄んだ空気を感じながらのコーヒーが最高だ。

といいたいところだが、今回はコンビニのコーヒーで我慢。
あいにくの曇り空だが雨が降らなかったのは幸い。

昨日の散乱したポテチやゴミなどを片づけながら時間をつぶし、皆が起きるまでの時間をぼーっと寝転がりなから過ごす。
至福のひと時だ。


スポンサーリンク


 

とりあえずメシの準備をしてみる

基本メンバーはなかなか起きてこないので、この時間を利用して食事の準備を始めてしまう。
なにせ放置しておけば昼まで余裕で寝ているくらいだ。

とはいえそこはキャンプ場じゃないのでチェックアウト時間を気にしないでいいというのはとても気楽でいい。
なかなか起きないがゆえにキャンプ場の朝はとにかく慌ただしいのがいつものパターンなので、ゆっくり時間を気にせずに手間のかかる料理を作ることもできる。

そんなわけで朝からカレーを作ってみることにした。
キャンプ場だったら絶対作らないし作る暇もない。笑

 

正しいチムニースターターの着火方法

まずは炭の火起こしからだが、ここで改めてチムニースターターの正しい使い方をまとめてみたいと思う。

チムニースターターの三割ほどに豆炭など燃えやすい炭を入れ、その上にたっぷりの炭を投入。

今回は前日の消し炭を再利用した。
ここで昨日失敗したのは炭を現物そのままの状態で投入したせいで5、6個の炭しか入らず隙間だらけだった。
それを適度な大きさに砕き画像のようにしっかり入れてやるのがコツだ。

あとは軽くまとめた新聞紙1枚を底に入れたら火をつける。

これで終了だ。

最初こそ新聞紙が燃えて煙がでるが、

すぐに煙はおさまり、内部でパチパチという音がかすかにするだけになる。

ほんの少しだけ火種が残っているのがわかる。
手をかざせばほんのり温かい程度で失敗なんじゃないかと思うかもしれないが、ここであおいだする必要はない。

完全にほっからかしだったが、煙突効果でしっかりと火が回り5分後にはこの状態。

あとは炭の表面が白くなればいつでもバーベキューができる状態になる。
今回はバーベキューではないのでそこまで待たないで使用してしまう。

 

手分けして調理準備

アウトドアの楽しみのひとつは、やはりみんなで協力して料理をつくりあげることだろう。
ただ料理ができるのを待つだけと違って達成感がある。

さっそく各自カレーの準備にとりかかる。

ちなみに準備した材料は
・自作カレー粉 42g
・小麦粉 84g
・鶏肉 300g
・大神農園の野菜 各種
・塩コショウ 大さじ1
・オリーブオイル 適量
・サラダ油 大さじ3

野菜のカットは山岡さんに任せてまずはカレールーの準備だ。

サラダ油をしいたスキレットに小麦粉を入れ、焦がさないように弱火できつね色になるまで炒める。

十分冷ましたらここに自作カレー粉を投入。
※スペースの都合上、網の上で作業。

このあと微調整に加えようとしたら作ったカレー粉全部ぶちまけてしまった。笑
たぶん適量の倍ぐらいあるからやばい予感がするけどこのおおざっぱ加減がアウトドアの醍醐味?だ。

しっかり混ぜ合わせたら完成。

がっつり塩こしょうした鶏肉(分量外)、カットした野菜も準備万端だ。

あとはプレヒートしておいたダッチオーブンで調理をするだけ。

自作カレー粉の野菜たっぷりチキンカレーを作ってみた

まずはオリーブオイルをしいてチキンの表面に焦げがつくように焼いて一旦どける。

次に玉ねぎを最初にいれ、その上にニンジン、じゃがいも、ナス、舞茸などを投入。
※できればカレーにじゃがいもは入れたくないのだが今回は特別

12時近くになり起き出してきた大神がここぞとばかりにどの野菜はできる寸前くらいに入れないとダメだとか言い始めるが、気にせず全部投入だ。

水分が足りないので余っていたワインやトマトジュースも200mlくらいずつ投入。

その上に避けておいた鶏肉を乗せたら蓋をして中火で1時間。

ついでに余った鶏肉やニラやアスパラなどをホイルで包んでカレー粉をかけて蒸し焼きだ。

とにかく待つ

いい感じに湯気が漏れ始めたら水分が出ている証拠だ。
そんなわけで1時間経ったのがこれ。

若干水分が少ないがまぁ気にせずカレー粉を投入して混ぜる。

今思えば冷凍して残しておけばよかったのだが、作ってしまったのもはしょうがないとすべてのカレー粉を投入。
圧倒的に多い。笑

倍以上のカレー粉を投入した結果こうなった。

水を300mlほど投入して事なきを得る。

調味料の分量って重要だよなと今更ながら思う。
いきおいでやっちゃだめだ!

そして30分ほど煮込んだら完成だ。

 

極濃野菜たっぷりチキンカレーを食べてみる

せっかく電源もあるので、大神が車に常備している謎の炊飯器でご飯を炊いてみた。

ちなみに米も大神ファーム作だ。

 

そんなわけでこれが本日の昼食の極濃野菜たっぷりチキンカレー。

意外といい感じに出来上がったんじゃないだろうか?
見た目は。笑

スパイスが効いていてて香りもとてもよい。

さて問題は味だ。

辛さはなかなか強めで苦味もしっかり感じられる。
ただ分量が多すぎたのもあって苦味が強すぎて味がよくわからない。

後入れで塩コショウを大さじ2杯ほど入れたがそれでも苦味優勢。

これはカレー粉入れすぎたというよりは苦味が聴きすぎているのかもしれないな。
次回作では苦味スパイスを調整する必要があるかもしれない。
あとは辛さを弱めてもよさそうだ。

山岡さんと縫製の反応を見る限りでは。笑

 

思わぬ伏兵

そして忘れちゃいけない、ついでに残った食材で作った野菜と鶏肉蒸し焼き。

適量のカレー粉で味付けしたから激ウマ。

今回の教訓。
適量って重要だよね。

そんなこんなでメシも食ったし今回のキャンプは解散となった。
なかなか好評だったのでまた近々ExplorersBASEでキャンプをやってもいいな。

 

-アウトドア, アウトドア料理
-,