ラーメン 栃木のラーメン 食レポ

今年もこの季節がやってきた。麺堂HOMEの四種の節の冷製塩らーめんを食べてみた

梅雨の時期がくるともう夏はすぐそこ。
夏が近づくと始まるのが麺堂HOMEの冷やし麺。

6月17日、くしくも梅雨とは思えない30℃を超える真夏日の今日。
そんな真夏日の土曜に待ちに待った冷やし麺メニューが登場となった。

やってきたのはオープン5分前くらい。
すでに先客が5名ほど待っていた。

初日は完売もあり得るので冷やし麺を求めて客が押し寄せる前に訪問できてよかった。


スポンサーリンク


 

カウンターに陣取るとさっそく黒板を確認。

なるほど1日20食限定のようだ。
これは平日の夜は狙えそうもないので初日のこの時間に来たのは正解だったかもしれない。

 

四種の節の冷製塩らーめん

これが2017年の冷やし、四種の節の冷製らーめん(800円)+大盛(100円)だ。

とても爽やかなビジュアルだ。
トッピングは旬の夏野菜からキュウリにプチトマト、冷製鶏チャーシュー、濃縮された鶏の旨味が際立つ鶏節の薄削りの鶏花。
鶏節なんて初めて味わうからどんな味なのか楽しみだ。

まずはスープから。

一晩かけてとった昆布ダシをベースにしたものに、かつお節にサバ節、うるめ節を追い炊きし、仕上げに鶏節をトッピングさせたという四種の旨味がこれでもかと凝縮された和の極みなスープだ。

とてもあっさりかつ、ほどよい塩味が優しい味だ。
昆布の豊富なグルタミン酸に節系のイノシン酸が出会ったことでその旨味は計り知れない。
ペットボトルにスープだけ入れてずっと飲んでいろと言われたら喜んで実践してもいい、それくらい旨味が濃厚でいつまでも飲んでいたくなる味。

このスープはクセになる。
そこに麺だ。

ギュッと締まっていてコシが強く、のど越しの気持ちいい細麺にやさしいスープがしっかり絡まる。
食べている瞬間にも今度いつ食べに来ようかと考えてしまうほど。

そして忘れちゃいけない、手包みワンタン。

ちょっと麺を食べてしまったうえに鶏節が埋もれてしまったがこれが完成形。

ワンタンもコシが強くて食べごたえ抜群だ。
いつものツルンとした食感ではないのも新鮮でいい。

鶏チャーシーはこれまた旨味がハンパない。
スープがしみることでその相乗効果でというやつだ。

そして鶏節、これ単体でもスープの旨味を体現するかのようにとても濃厚で美味い。
鶏節やばい。

キュウリの清涼感、甘味が強く酸味の効いたトマトが相性抜群で今年の冷やし麺はとにかく完成度が高い。
リピート確実な味だ。

 

そぼろとたまごの2色丼

そして本日のキマグレ飯はみんな大好き、そぼろとたまごの2色丼(200円)。

甘めのたまごが子供受けよさそうな家庭的なお弁当を想像させる優しさにあふれた一杯だ。

麺堂HOMEの四種の節の冷製塩らーめん。
今年食べるべき冷やし麺のひとつだ。

 

麺堂HOME
住所 栃木県栃木市片柳町1-2-38
TEL 0282-25-6125
営業時間 11:30~14:30 17:30~21:00
定休日 木曜日

 

関連記事

こちらもおすすめ


-ラーメン, 栃木のラーメン, 食レポ
-, , , ,