食レポ

勝手にコラボ。かずちゃんち×岩下の新生姜のパウダー味を試してみた

お店や企業同士ではなかなか自由自在にコラボとか実現できないけど、お客が勝手に組み合わせてしまえばコラボは自由自在。
もしかしたらそれがきっかけで本当にコラボが実現することもあるかもしれない。

そんな勝手にコラボシリーズでまた新たなコラボ実現させてしまった。

今回はかずちゃんちと岩下の新生姜を勝手にコラボしてみた。
もちろん使うのは、この前作成した岩下の新生姜パウダー。


スポンサーリンク


 

岩下の新生姜味からあげ

まずはからあげだ。
衣に混ぜ込んで揚げると油に溶け出してしまったり焦げて風味が飛んでしまうので、あとがげでのチャレンジ。

味付けをしていないからあげを注文し、紙袋の中に投入して岩下の新生姜パウダーを小さじ1杯ほど(からあげ3個に対して)。
完成したのがこれだ。

衣に満遍なくコーティングされた新生姜パウダー。
からあげの油で衣にしっかりとしみこんでいるようだ。
香りは完全に新生姜だ。

ピリッとした生姜の風味が際立ち、独特の甘しょっぱさがまたからあげによく合う。
揚げ物なのにさっぱり感すらある。
これは激ウマ!!

あらかじめ鶏自体に新生姜パウダーを練り込んで寝かせておいたらどんな味になるか気になるな。
今度家で試してみようか。

 

新生姜味ポテチ

そして新生姜ポテチはすで商品化されているが、あえてかずちゃんちのポテトチップスでチャレンジ。

揚げたてのポテトチップスに味付けはせずに新生姜パウダーのみを小さじ1ほどふりかける。

正規品はすっぱムーチョ感があったが、これこそまさに完全な新生姜味のポテトチップスだ。
新生姜のいいところを遺憾なく発揮している。

これも美味い!!

 

万能な新生姜パウダー

ピリッとした生姜の刺激、漬け液の独特の甘じょっばさが余計な味付けも必要なく、それ単体で十分味付けとして成立する万能な新生姜パウダー。

今回2つの品に使ってみたが、どれもまったく違和感なく一体化していた。
やはり新生姜そのものを使用した調味料だけあり、その効果は絶大だ。

家庭に1本は必ずある唐辛子や胡椒に並んで、新生姜パウダーが並ぶのもそう遠くないかもしれないなw

 

かずちゃんち
住所 栃木市大平町榎本628-6
TEL 0282-43-2900
営業時間 10:00~18:00
定休日 日曜、第二月曜

関連記事

-食レポ
-, , ,