ラーメン 栃木のラーメン 食レポ

【栃木市】休み疲れのスタミナ回復にはこれ!拉麺雷多のカライまぜそばを食べてみた 53杯

GWの連休明けって5月病じゃないけど無性に疲れる。
働きたくねーとか思いながらも、当然のように20時に会社を退社。

久しぶりにハードに仕事をこなしたせいもあって空腹感がハンパない。
休み疲れと仕事疲れで削られたスタミナを回復しなくては長い一週間を到底乗り越えられるものではない。

こんな時には彼女の笑顔で癒しをmr・・・・・・ってなにそれ都市伝説かなにか?
今宵も食という癒しを求めてさまようソロファイターは、いつものあの店へと向かうのだった。


スポンサーリンク


 

拉麺雷多のカライまぜそば

やってきたのは拉麺雷多。
月曜の20時過ぎで先客3組、ソロ1という状況。
後客も3組と休み明けの月曜で消費したスタミナを回復にやってきているのだろう。

スタミナの回復にはやっぱりこれ。
カライまぜそば+小ライスの定番セット。

実は今回特別仕様だ。
カライまぜそば自体はノーマル。

厚切りブロックチャーシュー、水菜、モヤシ、フライドガーリック、刻みニンニク、極太メンマ、糸唐辛子、そしてジャガイモ。
極太麺には辛味の効いたタレが潜んでいる。

そしてこれ。

実は今月の10の日限定に使用予定のもので、豆板醬、すりおろしにんにく、唐辛子などが効いたやつ。
まだ未完成状態のものだが辛さとキレは十分だ。

もちろんちょっとずつ入れてみるとかそんなことはしない!!

このマヨの白にとてもよく映える禍々しい赤。
これを豪快にまぜると一気にオレンジへと変貌する麺。

そして湯気にのってくる辛さの刺激。
なんとなく近くのお客さんがさっきから咳き込んでいるのはこれのせいだろうか?W

普通の人は注意な辛さ

それではさっそくひとくち。

マヨで若干まろやかにはなっているが、それでも十分すぎる辛さだ。
ニンニクの辛味と風味も加わっていいっそう辛さが増す。

豆板醤の独特の辛さがニンニクとの相性もよく複合的な辛さを感じる。
完成版には味噌が加えられるので、コクや甘味が加わって深みが増しそうだ。

 

カライまぜそばの〆ご飯

そしてカライまぜそばを食べた後に残る辛さ濃度がMAXになったタレ。
これをご飯にかけるのがカライまぜそばの〆ご飯だ。

モヤシとチャーシューを残しておくのがミソだ。
ここに備えつけのニンニクを加えるのだが、今回はすでに辛味ペーストでブーストされているのでこのまま。
あとはレンゲでいっきにいただく。

ご飯にしっかり絡む辛味ペースト、マヨの風味が一層増して全体的にまとめ上げてくれる。
そしてモヤシのシャキシャキ感がいいアクセントになる。

やはりカライまぜそばには〆ご飯デフォだな。

まだ未経験の人は是非試してみてほしい。
ただし、辛さが凝縮されるので様子を見ながらタレを入れるといいだろう。

実は今年まだ1度も10の日限定を食べていないので、今回の10の日限定はどんな辛いやつに仕上がっているのか今から楽しみだ。

 

拉麺雷多
住所 栃木県栃木市城内町2-21-24
TEL 0282-22-1750
営業時間 11:00~15:00/17:00~21:00
定休日 火曜

 

関連記事

こちらもおすすめ


-ラーメン, 栃木のラーメン, 食レポ
-, ,