カップ麺 食レポ

【カップ麺】意外に納豆と合う?プラス納豆ならぬペヤング納豆MAXを作ってみた

ペヤングから先日発売開始となったペヤングやきそばプラス納豆。
通常のペヤングに納豆のかやくをプラスしたという商品だけあって、どうしても納豆のパンチ不足感が否めなかった。

ならばと、今回の商品化のきっかけとなったペヤングに納豆を入れて食べるという方法を実践してみることにした。
沢山の人に挑戦され続けてきた裏メニューなだけに、きっとホンモノはまたまったく違った味になるに違いない!!


スポンサーリンク


そんなわけで準備したのがペヤング1個に納豆2パック。

ただ納豆感をアップさせるよりガッツリといきたいので、今回は納豆を2パック使用したメガペヤング納豆だ。

本来はお湯で3分茹でた後に納豆を入れて混ぜ合わせるようだが、それだと納豆の温度で麺が冷めてしまう。
なので今回はこうだ!!

納豆2パックとかやくを投入。
お湯を若干多めに入れてあとは3分。

湯キリすると透明なドロっとした液体が若干出てくるが気にしてはいけないw
そこに納豆のタレ、やきそばソースをかけるとこんな感じなった。

まさに麺を覆いつくさんとするほどの納豆の存在感。
もちろんフタを開けた時から湯気とともに納豆の香りが部屋中に充満する。

あとはマヨビームならぬカラシピーム、ふりかけなどをかければ完成。

パッと見はなんかとても美味そうだ。
でも香りは納豆w

しっかり混ぜると麺と麺の間にはしっかりと糸を引く。
それではさっそく意を決してひとくち。

麺に絡む納豆の粘度でズルズルと勢いよく麺がすすれる。
ソースとタレも丁度よい味加減で違和感はまったくない。

納豆は一緒に3分お湯に浸かられたので、温かくてホクホクした食感になっているのもなかなか悪いくない。
そしてなによりからしとコショウのスパイシー加減がとてもよく合う。

中途半端な感じでいまいち物足りなかった「ペヤングやきそばプラス納豆」とは比べものにならない美味さだ。
ペヤングでも納豆MAXにするくらいの思いきりさが欲しいところだ。
まだまだ詰めが甘いと言わざるを得ない。

からしをもっと追加して風味を強くしたら美味さ倍増間違いなしのおすすめの食べ方。
ただし納豆が苦手の人はやめておこう。

関連記事

 

 

 

-カップ麺, 食レポ
-,