和食・寿司 小田原市スポット 食レポ

【小田原市】新鮮な海鮮が堪能できる小田原早川漁村にある「海舟」に行ってきた

dsc01293

小田原市といったら新鮮な海産物が豊富に揃う小田原漁港ははずせない。
小田原漁港近辺には新鮮な海鮮を堪能できるお店がいくつかある

その中でも小田原に来たら一度は行ってみたいとずっと思っていたお店が小田原早川漁村。
魚屋直営なので、目の前の市場からとびきり新鮮なネタが豊富に揃う。

それだけでなく、店内には屋台風の浜焼き店、海鮮丼のお店、しらす専門店、そして海鮮のお土産売り場があるなど、まさに漁村といってもいいくらいにいくつもの店を一度に堪能することができる。

今回は正月の2日なので、市場が休みというのもあり獲れたてというわけにはいかないだろうが、その味は格別なはずだ。

ということでさっそくお店にやってきた。


スポンサーリンク


漁港にあるだけはあり、こんな景色まで眺めることができてしまう。
dsc01355

dsc01356

駐車場は結構な混みっぷりで漁港が休みじゃなかったら駐車できなかったかもしれない。
なんとか車を停めると漁港横にあるお店へ。

店舗前ではその場で焼きたての岩手県産の殻カキ(2個500円、5個1,0000円)、青森県産のホタテ(1枚300円、2枚500円)、千葉県産のホンビノス貝(1個200円、3個500円)の浜焼きを購入することができたりもする。
浜焼きの香りがたまらなくて思わず買い食いしてしまいそうになったがここは我慢して店内へ。
dsc01296

旨いもの屋台

入って左手にまずあるのが旨いもの屋台。
dsc01297

カキのガンガン焼きやホタテのバター焼き、サザエの壺焼きから海鮮の串ものまであったりと飲食店に入らなくても十分に海鮮を堪能することが可能だ。
dsc01298

もちろん食後デザートがてらソフトクリームなんかも販売されている。

またまた誘惑に負けてしまいそうになるラインナップだ。

営業時間
平日 11:00~16:00
土日祝 10:00~16:00

 

小田原お土産処

右手にあるのが小田原のお土産が揃う小田原お土産処。
dsc01299

小田原の自慢の魚介土産が勢ぞろいした店内では、小田原かまぼこの老舗「鱗吉」かまぼこから、常温で持ち帰りが可能なものまで取り扱っている。
dsc01300

dsc01302

dsc01303

魚介ごとプレスした旨味たっぷりのせんべいやいか天なんかも最高だ。

そして小田原で干物といったら「山安」だ。
江戸時代から干物一筋の老舗の味を堪能できる極上の干物や、創業100年の山市の干物が豊富に揃う。
dsc01304

お土産を購入するために立ち寄るのもアリかもしれない。

営業時間 10:00~17:00

 

漁師の浜焼き あぶりや

店舗一階の奥にあるのが漁師の浜焼き あぶりや。
dsc01353

生け簀から自分でとりあげる新鮮な貝類や40種類以上の海鮮串などの魚介類が食べ放題。
カキを殻付きのまま豪快な蒸し焼きにするカキのがんがん焼きは食べごたえあり。

80分食べ放題のソフトドリンク飲み放題の値段はこんな感じだ。
・牡蠣3個付き
 一般3,000円・小学生1,700円・未就学児1,200円・シニア65歳以上2,500円・3歳以下無料
・牡蠣食べ放題(期間限定)
 一般3,500円・小学生2,000円・未就学児1,500円・シニア65歳以上3,000円・3歳以下無料
※税抜き価格

そして食べ放題で選べる食材はこんなに豊富。
サザエ、ホタテ、白ハマグリ、小田原干物各種、海鮮串、海老、マグロの希少部位、焼鳥、ソーセージ、野菜。
もちろんご飯、あら汁、シーフードカレー、デザートなども揃っている。
※仕入れ状況による

食べ放題なのもあって行列ができていたりもするので、タイミングや来店する時期も重要かもしれない。

営業時間 10:00~22:00(最終受付20:30)
席数 58席

 

しらす専門店 しらす市場

2階に上がり右奥にあるのが新鮮なしらすを生のままや釜揚げ、沖漬けなどにたものを堪能できるしらす専門店 しらす市場。
dsc01306

全国ご当地どんぶり選手権で5位入賞のしらす三色丼や、しらすのかき揚げ、新名物のしらすの沖漬けから地酒なども堪能することができる。

営業時間 平日 11:00~16:00
     土日祝 111:00~17:00

 

海鮮丼専門店 海舟

そして今回訪問したのが、二階の左手にある海鮮丼専門店 海舟。
dsc01307

朝獲れの新鮮な地魚を贅沢に使ったどんぶりなど30種類以上の丼ぶりが揃う。

壁にはたくさんのサインが飾られ、その人気っぷりがうかがえる。
dsc01350

店内には2名席から大人数までカバーするテーブル席が36席ほど。
dsc01351

店内には本日の地魚的なものが提示されていたり、
dsc01308

メニュー表にないものが壁にたくさん貼られていたりするので、レアなものに巡り合える可能性もある。
dsc01316

金目鯛の煮付が限定3個というのもとても気になるが、単品3,200円で定食3,480円はなかなかのお値段だなw
これを注文すると別に刺身とかを注文したくなるから確実に5,000円超えると思うと悩む。

あまりの豊富さにしばらくメニュー選びに悩むメンバーたち。
dsc01310

注文が決まるの待ちの間にメニューをチェック。
dsc01312

dsc01315

22種類の海鮮丼に贅沢な三代目こぼれゲタ寿司など魅力的なものが勢ぞろいだ。
他にも限定などいろいろある。
dsc01320 dsc01321 dsc01322 dsc01323 dsc01324 dsc01325 dsc01326

なるほど、これは事前情報なしに来た人はどれにするか悩むのも当然だw

本日の地魚3種盛り丼

これはメンバーのチョイスした本日の地魚3種盛り丼(1,480円~)。
dsc01333

照りがあって脂が乗っていそうで美味そうだ。

ブリ・サーモン・地魚

そしてサーモンといったら縫製、縫製といったらサーモン。
縫製チョイスのブリ・サーモン・地魚(1,380円)。
dsc01336

これまたサーモンの色が鮮やかで美味そう。

どれもこれも美味そうで1度だけでは満足できなそうだ。
これはいつかリベンジしなくてはならないかもしれない。

 

早川漁港 海舟海鮮丼

そして今回数ある中からチョイスしたのは、早川漁港 海舟海鮮丼(2,480円)だ。
dsc01329

海老、サーモン、カニのむき身、玉子焼き、生しらす、いくら、マグロなど贅沢な一杯だ。
dsc01331

そしてちょいのせ祭りのねぎとろ(200円)。
dsc01332

おちょこ一杯のトッピング追加でオリジナル丼にできるらしい。

ねぎとろを乗せたらわさびを醤油で溶いて回しかければ準備完了だ。
dsc01338

ちなみに海老の頭は取り外して店員さんに渡すと味噌汁にしてくれるらしい。
さっそくひとくち。
dsc01340

刺身は脂がのって旨味が濃厚。
海老はプリプリでめちゃ甘だ。

なにげにメシも美味い。
1か月ぶりなだけに余計に美味いw

そして海老の味噌汁。
dsc01347

ダシが効いていてしみるねー。

こんなことなら単品で金目鯛の煮付も注文しておくんだったな。

 

最後に今年の運だめし

そして年末年始限定の大抽選会で今年の運だめし。
dsc01348

ちなみに丼1杯につき1回チャレンジできる。
特賞花咲ガニ2杯、A賞お土産入り漁村BOX、B賞クオカード500円、そしてハズレてもかき揚かお子様丼無料券、あおさの味噌汁無料券、お土産10%引き券が手に入るのでハズレなしだ!!

狙うは特賞かA賞。
dsc01349

A賞ゲット!!
dsc01352

ちなみに肝心の現物はメンバーにあげてしまったので画像ナシ。

営業時間 平日 11:00~16:00
     土日祝 10:00~17:00

もし小田原に観光に来ることがあったら寄り道におすすめのスポットだ。

小田原早川漁村
住所 神奈川県小田原市早川1-9-6
TEL 0465-24-7800
営業時間 10:00~22:00
定休日 年中無休
※土日祝の予約不可

 

-和食・寿司, 小田原市スポット, 食レポ
-, , ,