ラーメン 栃木のラーメン 食レポ

【カップ麺】佐野ラーメンの老舗「中華そば専門 森田屋総本店」のカップ麺を食べてみた

img_9805

佐野ラーメンの老舗である中華そば専門 森田屋総本店がついにカップ麺として明星より発売された。
1961年に創業して以来、地元の人に愛され続けた佐野ラーメンの名店。

実は初めて食べた佐野ラーメンは忘れもしない、栃木市大平町のいすゞ自動車の工場北にある森田屋大平店だ。
たしかあの頃は社会人になって数年と経たないくらいだったろうか、Explorersの定例会的な集まりで昼メシで食べに行った記憶がある。

あれから幾年月、まさかカップ麺として再び食べる機会が訪れようとは。


スポンサーリンク


さっそく開封するとかやくはネギ、メンマ、チャーシューとシンプルだ。
img_9810

付属するのはフタの上に貼られていた調味油のみ。
img_9809

お湯を入れ待つこと5分。
img_9811

意外とさみしい感じがするるが、きっと具材が麺の下に沈んてしまっているのだろうと希望的観測をしてみる。

まずはスープをひとくち飲んでみると、これぞ醤油ラーメンといったキレのある醤油の風味が突き抜ける。
そしてコショウの風味とピリッとした後味を感じる。
佐野ラーメンを食べると必ずといっていいほどコショウをぶっかけたくなるので、それを察してデフォルトで入れてくれたのだろうw

続いて麺。
img_9812

当然ではあるが麺の太さは均一だ。
コシのある太麺でスープの旨味がしっかり絡まっている。

ネギのシャキシャキした食感や、メンマのコリコリ感がなかなかいい感じだ。

森田屋の味は全く覚えていなので完成度は定かではないが、意外とシンプルで美味しいんじゃないだろうか。

 

 

-ラーメン, 栃木のラーメン, 食レポ
-,