食べてみた

【おすすめ】岩下の新生姜ミュージアムで買った「うずら円熟卵プチとろ」が美味すぎてやばい

dsc00543

先日岩下の新生姜ミュージアムに行ってきたわけだが、その時にいくつかのお土産をゲットしてきたので、今回はさっそく味見をしてみたいと思う。

今回購入したのは、「うずら円熟卵プチとろ」「Sweet New Ginger Chocolate」の2品。
もちろんどれも岩下の新生姜テイストの味だ。
はたしてどんな味に仕上がっているのかとても楽しみだ。


スポンサーリンク


 

うずら円熟卵プチとろ

まず最初の一品は、うずら円熟卵プチとろ(445円+税)。
dsc00535

新生姜カラーのピンク色がとても目を引く一品。
テレビでも紹介されたそうで、上質なうずらを使用し、半熟状態のうずらを漬けこむことで作られるものこそが、製造元であるうずらの魅力を伝える伝道師「株式会社モトキ」秘伝のうずら円熟卵。
それを岩下の新生姜の漬け液で漬けることにより完成したのがこの「うずら円熟卵プチとろ」だ。

さっそく開封してみると、専用の容器の中にパックされた10個のピンク色のうずら。
dsc00542

とてもキレイなピンク色なその姿はうずらの卵というより、何かのスイーツかと勘違いしそうなくらいだ。

酸味と甘味のあるさまに新生姜の風味のする液体に漬かるうずら。
dsc00543

さっそくひとつ食べてみる。
dsc00545dsc00548

うすらといえばパサツキ感があり、お世辞にもいくつも食べたいと思える味ではなかった。
ところがこれはそんなうずらの概念を覆す味となっている。

まず半熟のねっとり濃厚な口当たりがなんともたまらない。
そして新生姜漬け液のさわやかな風味や酸味がとてもよくマッチしている。

まさに食べるマヨネーズの名の通り、マヨネーズのようなコクと酸味を感じることができる。
何個食べてもクドさを感じない。
1個食べるとまた1個と気づけは10個完食してしまった。

弁当のおかずにも酒のつまみにも最高間違いなし。

 

Sweet New Ginger Chocolate

二品目はSweet New Ginger Chocolate(岩下の新生姜ソースインチョコレート)(1,000円+税)。
dsc00549

もちろん岩下の新生姜を使っている。
dsc00550

チョコレートに新生姜のあの味?と一抹の不安がよぎるがとりあえず開封。
dsc00552

薄型のホワイトチョコレートが12枚。
その薄い板状のホワイトチョコレートの中には新生姜ソースがサンドされているようだ。
dsc00557

割ってみると若干茶色っぽくなったジャムのようなソースが入っている。
dsc00562

この新生姜ソースには、新生姜の粉末「岩下の魔法生姜」というものが使われていらしい。
残念ながらほんのりピンクっぽい色ではないようだ。

ソース自体は辛みのある生姜風味がとても強く、そこにチョコレートの甘味が加わることで新生姜のような風味に変化する。
これはこれでアリかもしれないが、もっと分厚いチョコにたっぷり入っているのを想像していたので、思いのほかパンチが効いてなかったのが残念だ。

 

総評

プチとろは予想を超えるおいしさで、とてもおすすめ。
どうせならあと1,2個買ってもよかったくらい。

チョコレートは残念ながら1,000円という値段だけのお得感は感じられなかった。

新生姜ミュージアムに来たら「プチとろ」は是非一度試してもらいたい一品といえる。

 

 

 

-食べてみた
-,