食レポ

【限定復刻】なんだか懐かしい気分にさせてくれるバャリースオレンヂクラシックを飲んでみた

dsc00111

アサヒ飲料から発売されている「バヤリース」ブランドは1951年に日本初の果実飲料として発売開始され、ロングセラーブランドとしてついに今年65周年を迎えた。

それを記念して発売されたのが「バャリースオレンジクラシック」。
常に時代に合った味へと進化を続けてきたバヤリースだが、今回1970年代の味わい、パッケージデザインを再建した復刻版として2016年10月25日より全国で販売開始となった。

1970年代の味わいを知る30代~50代の人はきっと懐かしい気分に浸れるはずだ。
そんなわけでさっそく飲んでみた。


スポンサーリンク


これが限定復刻のバャリースオレンジクラシック。
dsc00108

きっと当時はリターナブル瓶だったのだろう。
どうせならそこも復刻してくれたらコレクター魂が揺さぶられるんだが。

このパッケージのデザインがいかにも昭和っぽい。
dsc00110

そして果汁飲料とかいいながらも果汁が10%しか入っていないってところがもうねw

キンキンに冷やして飲んだ時の程よい酸味と後味にクセのないまったりした甘味、このオレンジっぽい味が懐かしい気分にさせてくれる。
ほとんどが酸味料と砂糖で作られた疑似的なオレンジなのだが、これがまたクセになる美味さなんだよな。

やはりそこは保存料や人工甘味料を使っていなからこそ出せる味なんだろうか。

せっかくなので現代版と復刻版の味比べもしたかったところだが、それはまた次回ということで。

 

 

 

-食レポ
-,