ラーメン 食レポ

北関東ラーメン大好き達の集会enのスペシャルイベントに行ってきた in竹末食堂

img_9166

茨城の稲葉、栃木の一楽、ぼたん、竹末、アメノオト、群馬の弥七、千茶屋と名だたるラーメン店の集まる「北関東ラーメン大好き達の集会en」。
そのenが下野市の竹末食堂にて三回目となるスペシャルイベントを開催した。
毎回enメンバー全員の技術を集結して作られる一杯はまさに贅沢の極み。

はたして今回はどんな一杯が登場するのだろうか?


スポンサーリンク


17時半からスタートとなる今回のイベント、お店にやってきたのは18時半過ぎ。
もしかしてすごい行列とかできているんじゃないかとやってくると、外待ちは10名ほどと激混み前に来店することができて一安心だ。

今回のイベントメニューはこんな感じ。
img_9164

メインとなるラーメン、スペシャルトッピング、チャーハンなど力作ぞろいだ。

それから待つこと20分ほどでカウンターに案内される。
思っていた以上に回転率が良く、早く席に座ることができた。
img_9165

厨房の様子を眺めつつ待つこと数分。
これが限定100食のスペシャルメニュー、濃厚豚鶏白湯スープ「M・I・S・O」割りスープ付き(1,000円)
img_9167

味噌の香りと揚げネギ香味油の香ばしいかおりが食欲をくすぐる。
トッピングは竹末作の炒め野菜、弥七作のチャーシュー、糸唐辛子など。

すべての注文が揃ったのがこれだ。
img_9173

総額1,800enは伊達ではない。

では、さっそくスープをひとくち。
img_9168

稲葉作の濃厚豚鶏白湯スープに竹末ブレンドの7種の味噌、7種の野菜、調味料がブレンドされた味噌タレが融合する。
白湯の濃厚な旨味に複雑な味噌のコク、甘味、そして揚げネギ香味油の香りが旨味を引き立てる。
味付け的には濃いめではあるが、この深いコクがとてもクセになる味だ。

続いて麺。
img_9169

一楽特製の打ち立ての中加水中太足ふみちぢれ麺が絶品。
絶妙なもっちり加減とコシ、そしてスープとの一体感、絡み具合もばっちりだ。

そしてなかなかのボリューム感が食べごたえあり。

弥七特製のチャーシューはとても柔らかく、厚めにカットされていながらも口の中ですぐにとろけるようだ。

これは竹末作の割スープ。
img_9170

帆立の旨味ががっつりとしみわたるスープ。
だた、塩分濃度が結構濃いので使い方を間違えるとやばいことになそうだ。

まぁ最後の最後にスープに投入して普通に〆の割スープとして飲んでしまったわけだが、ちょっとスープの濃度がやばかったのは秘密だ。

続いて限定60食のスペシャルトッピング(300円)。
img_9172

アメノオト作の牛ひき肉のアラビアータ~温玉添え~、ぼたん作の燻製味噌チャーシュー。
牛ひき肉のアラビアータはクラッカーに乗せてそのまま食べても美味いし、ラーメンに味変として投入してもよいらしい。

このチャーシューがめちゃくちゃ美味かった。
燻製に味噌というチョイスが秀逸で、味噌というコンセプトと見事に合致するものだった。

そしてアラビアータは中盤にラーメンに投入してみた。
凝縮された牛ひき肉の旨味、ピリっとした辛さが味噌と融合し変化を遂げる。

唯一心残りはせっかくアラビアータなのだから、まぜそばのようにトッピングの方に麺を入れて絡めて食べてみたかったこと。
間違いなく最高に美味かったろうな。

最後に限定80食、千茶屋作の海鮮しゃり炒飯(500円)。
img_9171

酢飯を使ったという炒飯には沢山の海老やイカなどが一緒に炒められている。

img_9174

酢飯である所以かご飯はしっとり系で、プリプリの海老、もちもちのイカの食感を感じられる贅沢な一杯だ。

どれも各店の店主が楽しんで作っているんだなーというのを感じられる、手間や工夫が随所に盛り込まれた一杯だった。
次回のイベントではどんな力作が登場するのか今から楽しみだ。

 

-ラーメン, 食レポ
-,