食レポ

【コンビニ飯】ファミマで新発売のスティックいなり寿司が斬新すぎて「ながら飯」が捗る

2016/11/23

img_8980

コンビニのいなり寿司が地味に好きでよく買うことがあるが、あれって汁が出るし油分もあるので直に手で持つとベトベトになるのが難点だった。
おにぎりタイプも販売されているけど、微妙に物足りなくてもうちょっと食べたい気分になる。
やっぱり3つくらい入ったパックのやつの方が数があるという点で食べた時の達成感もあるのでなんとなく好きだ。

なので結局は箸を使って食べることになるので、ながら飯には向いていない。

そんな絶望から救い出してくれる新商品が、ついにファミマから発売された。


スポンサーリンク


その名もステックいなり寿司だ。
いなり寿司の概念を覆したスティック状になったいなり寿司複数個分の容量があろうかというこの商品、なによりその食べ方がとても斬新だ。

パッケージの片側がマジックカットになっていて、カットするとこのような形状になる。
img_8983

しっかりとパッケージでホールド感がありつつ、スティック状なのでとても食べやすい。
しかも反対の端をパッケージの上から押してやることで先端が出てくるというユーザビリティーに優れた仕組みになっている。

ちなみに見た目はこのように巻き寿司のようになっている。
img_8982
どれだけ食べても同じ食感、同じ味が続くという仕組みだ。

ちなみに価格は213円+税、カロリーは1包装あたり302kcalとなっている。

さっそく食べてみよう。
甘味のある油揚げに酢飯、そして玉ねぎ炒めの甘味と生姜の風味の効いた甘めのタレを豚肉に和えたもので、まぁ食べられなくはないが苦手な味だ。
残念!!

油揚げと酢飯まではばっちりだ。
発想自体は斬新でとても良いので、是非ともノーマル版の発売をしてもらいたいと切に願う。

 

-食レポ
-, ,