料理してみた 料理レシピ

【料理】冷蔵庫で低温発酵のもっちりきめ細やかなピザ生地を作ってみた

img_8586

ピザ生地を作るといえば発酵。
発酵といえば常温や温めると考えるところだが、なにやらピザ生地を冷蔵庫で低温発酵させると、キメが細かくもっちり感のある生地になるという。

まったく発酵してなくてがっかりするパターンのやつじゃないの?と思うかもしれないが、
いや、ネタ的にはそっちのほうがいいのだがw
どうやら冷蔵庫程度の温度なら全然問題なく発酵するらしい。

それじゃあ試してみようじゃない。


スポンサーリンク


 

ピザ生地の材料

準備した材料はこれ。
img_8524

・強力粉 500g
・薄力小麦粉 100g
・ドライイースト 10g
・塩 5g
・オリーブオイル 30g
・ぬるま湯 300cc

なにやら低温発酵の場合はドライイーストが少なめでもいいとかいう話もあるが、失敗したらもったいないので通常通りの分量にしてみた。
ちなみにこれでMサイズのピザが4枚は作れるはず。

 

さっそく作ってみる

そんなわけで作ってみることにする。
まぁ行程的には変わらないので、前に書いた記事とかぶるがまぁそこはソレということでw

 

1.強力粉と薄力粉を混ぜる

img_8525

本当ならふるいなどを使えばダマになっているものを細かくできるのだが、

持ってないのでここは適当にボウルに投入し、適度に混ぜ合わせておく。

2.塩とドライイーストを投入

img_8526

塩とドライイーストを投入したら適度に混ぜ合わせる。

3.オリーブオイルとぬるま湯を投入

img_8527

オリーブオイルとぬるま湯を投入したら全体的になじませたら、手でこねる。

4.ただひたすらこねる

img_8529

こねているうちに自然とまとまってくるわけだが、若干粉を入れすぎたので微妙にまとまりが悪い。
やはり料理は科学と一緒で決まった分量を合わせないと望んだ結果にならないこともあるということだな。

まぁとりあえず気を取り直して、むかつくヤツを想像しながらボウルに10回くらい叩きつけては手で包み込むよう丸めていると、次第に表面が滑らかになってくる。
img_8530

今回は無理そうなのでこれで妥協。

5.冷蔵庫で低温発酵

img_8531

あとはボウルにくっつかないようにオリーブオイル(分量外)を塗り、ついでに水分を保つために生地にも塗っておく。

あとはラップをしっかりかけて冷蔵庫に投入するだけだ。
img_8532

生地の完成

冷蔵庫に放置すること5時間。
こんな感じになった。
img_8586

2倍くらいになった。

あとはこれを4等分したものをラップに包んで常温で1時間ほど放置しておけば完成。
※ラップに包むときに二次発酵で膨らむ分のスペースを空けておく。

 

さいごに

低温発酵は発酵に長時間を必要とするので、ピザを作るまでの下準備に6時間以上の時間が必要になる。
でも、もっちりきめ細やかな生地で焼いたピザはきっと最高なはずだ。

というフラグを立てておく。

 

関連記事

 

-料理してみた, 料理レシピ
-,