和食・寿司 食レポ

【栃木市大平】かしわずしの美味い寿司といくら漬け丼のいくらマシを堪能してきた 2食目

img_8162

かしわずしのお店の前を通る度にずっと気になっていた「いくら漬け丼」という看板。
ただでさえいくら好きなのに、いくら漬けとかやばすぎる。
でもお高いんでしょ?
いやいや、これが1,500円~のお値段で食べられるという。

ならばここは挑戦しなくてはなっ!!


スポンサーリンク


 

ということでお店にやってきたのは18時頃。
さっそくカウンターに陣取ると注文を済ます。

大将と話をしながら待っていると、まずは握りの登場だ。
img_8154

まずはかつおの握り(200円)から。
img_8155
この時期といえば戻り鰹の時期で脂がたっぷりのっているのだが、どうも今年は鰹がいまいちらしく、脂ののりが良くないという。
そんな鰹に合うのが漬けらしく、今回の鰹は九州産の甘味のある醤油を使ったものらしい。
上にはゼリー状の海苔、ネギが添えられている。

さっそくひとくち。
img_8159

トロっとした身は濃厚な旨味があり、そこに醤油の甘味、コクを感じる。
醬油の甘味が鰹の旨味をさらに引き出している一品だ。

つづいて、こはだ(150円)だ。
img_8157

見た目にもこだわり、目で味わうことのできる一品。
柚子が添えられているのがなんとも色鮮やかだ。

さっそくひとくち。
img_8160

柚子のさっぱりした風味、程よい酸味が絶妙。
醬油をつけずにこのまま素材の旨味だけでいける。

 

そしてお待ちかねのいくら漬け丼(1,500円)+いくらマシ(1,000円分)だ。
img_8163

もう普通の丼に入らないから鍋の器を利用しているというボリューム感だw
この照りのあるいくらの粒がなんともたまらない。
img_8164

今回、思わずわさびを醤油で溶かしてかけてしまったが、せっかくの特製の自家製いくら醤油漬けの味を味わうなら、わさびを添えながら食べるといいかもしれない。

さっそくひとくち。
img_8165

後から醤油をかけたくらいじゃ全然負けないくらいに旨味のしっかりした漬け具合だ。
濃厚で口の中でトロっととろけるいくらからは、濃厚な旨味、甘味が感じられこれだけのボリュームでもいくらでも食べられてしまいそうだ。
いくらだけn

そしてなにより、この酢飯だ。
寿司でもそうだが、一粒一粒が立っていてそれ自体が美味いからこそ素材も引き立つというものだ。

これはますます回転寿司から足が遠のきそうだw

そして〆にいただいた女将の特製チーズケーキ。
img_8166

しっとりしていてクリーミーな食感がたまらない。
クリームと合わせて食べるとまた違った風味になって美味い。

なかなか家族連れで訪問するというわけにはいかないかもしれないが、是非とも一度は食べに行ってみることをおすすめする。

 

かしわずし
住所 栃木県栃木市大平町西野田655-8
TEL 0282-43-3744
営業時間 11:30~14:00/17:00~21:30
定休日 木曜日(宴会時は臨時営業可)

関連記事

 

-和食・寿司, 食レポ
-, ,