読み物

ブログ再稼働2周年だしこれまでのことやこれからのことでも書いてみる

2016090701

気がつけば、うちのブログも再稼働から2年が経過しようとしている。
最初の頃は毎日だれ一人としてブログに訪れてくれる人はいなかったこのブログだが、1か月後に1,241PV、2か月後に3,187PVと少しずつ増加傾向にあった矢先に、3か月後から2,000PVをウロウロするという低迷が数か月続いた。

当時は、SEOなんてものはまったく考えずにただ、適当にタイトルをつけて適当に記事を書いていた。
そのせいもあって、ブログの低迷が続き、せっかく再稼働したのに、もしかしてダメなんじゃね?
なんて思うこともあった。


スポンサーリンク


 

オレは有名ブロガーになるっ!

だが、ブログの再稼働をする時に、これからはブログで有名ブロガーになって、ブログで生計を立てられるくらいになってやる。
プロブロガーになってやる、なんて無謀なことを考えていた。

2016090803

その野望もあって、途中で挫折することなく今まで続けてくることができた。

それこそ最初の頃は、友達からも飲食店だったり、旅行などに行った時に写真をたくさん撮影している姿に、「なにやってんの?」「ブログ?くだらねー」「そんなの誰も見に来ねーって」といった半ば呆れた感じをされていた。

たしかに始めたばかりの頃は、誰にも読まれていないんじゃないかと思うようなPVだったブログも、1年後には32,000PVほどに至ることができた。
それからさらに半年、1年と経過し現在では、10万PVを突破し訪問したお店などで「隊長」という単語が出ると、近くにいたお客さんにブログ読んでますと言っていただけることも稀にあるようになった。

握手を求めて来たり、2ショット写真を撮らせてほしいなんて人までいたりするようになるとは想像もしていなかった。
ホント、こんなただの一般人ブロガーがそんなおこがましい。

 

井の中の蛙、所詮は狭い栃木でちょっと一部の人に読んでもらえるようになった程度のことだ。
でも、いつかきっと栃木市近辺で有名になり、そして栃木県で、関東でといった具合にメジャーなブロガーになるという夢は追い続けるつもりだ。

当然有名になれば、アンチも出てくる。
そこまでくればもうメジャーなブロガーに一歩足を踏み込んだも同然だ。

 

自由な時間を増やして行動範囲を広める

ブログのコンセプト的にはやはり狭い行動範囲での情報発信だけでは今後の発展も厳しい。
それにはやはり自由な時間を増やす必要がある。

ところが自由な時間を手に入れるには、金銭的な余裕というものが必要不可欠だ。
一般的なサラリーマンのように会社にしがみつき一生を過ごしていては、所詮金銭的、時間的に許容できる範囲内でしか活動することはできない。

 

なので、ブログのマネタイズや副業などを通して、金銭的な余裕を手に入れるということは必要不可欠だ。
そうすることで、自由な時間も増えるので、いままでは仕事終わりに近場のお店、休みの日に近場のお店やイベントに参加なんてものが、
ちょっと他県まで行って1か月過ごしてみようとか、平日にしか開催されないようなイベントにも積極的な参加してみたりすることも可能になってくる。

2016090802

なんだったら、花粉症がつらいし、花粉の季節は沖縄で過ごそうかなんて夢も実現できるかもしれないw

 

夢を見れない大人になるな

こんなことを書いていると、夢は夢、現実を見ろという人は多い。
特に日本人はマイナス思考な人が多いので、自分の頭の中で許容できないものは否定から入る。

では、夢を見たり、その夢を語ることは本当にくだらないコトなのだろうか?

夢を持たない人間は、そこで終わりだ。
ただ、当たり障りないように、会社で問題を起こさないように頑張っている態度をしてれば問題ない。
オレは惰性で働いているんじゃないと自分に言い聞かせて、定年まで平凡に人生を過ごすことだろう。

 

では、夢を持ち続け、これからあんなことをしてやろう、こんなことをしてやろう、と考えながら生活している人はどうだろう?
その先には苦労することもあるかもしれないが、間違いなくそれは充実した人生になるはずだ。

 

これから

だから、これからもプロブロガーになるという夢は持ち続けるし、周囲にも言い続ける、そして周りに「くだらねー」と言われようとも今のスタイルは崩すつもりもない。

2年もの間、友達からは「くだらねー」「意味ねー」と言われ続けてきたが、たまに友達と集まって飲み会なんかを開催すると、なにげにお店の人に知られていたりする場面があり、友達からも「えっ?そんな有名なの?」と言われたりするようになった。

 

継続は力なり。

 

続けることこそが重要だ。

もし何かの夢を持っているなら、諦めずにその夢を追い続けてほしい。

 

-読み物
-,