カフェ 雑記 食レポ

【小山市】人気観光スポットいちごの里にあるカフェ「 アンジェ・フレーゼ 」に行ってみた

IMG_5126

栃木県小山市にある人気の観光スポット「いちごの里」。
いちご狩りのできるスポットとして有名だが、ここには3つの店舗が併設され、イタリアンとデザートのビュフェレストランであるいちご一会、スイーツ工房のベリーヘリーマルシェ、カフェアンジェフレーゼがある。
どれもいちごをふんだんに使用したメニューが人気となっているわけだが、いちごの季節はもうシーズンオフなのでフレッシュないちごを堪能することはかなわない。

まぁとにかく、それぞれがコンセプトが違うので、どこに行こうか悩みどころだ。

そんないちごの里だが、今回その中からカフェアンジェフレーゼに行ってみることにした。


スポンサーリンク


いちごの里に入るとすぐ右手に見えるのが今回のカフェ部(仮称)の目的地である、カフェアンジェフレーゼ。
IMG_5124
どうやら昼どきはランチメニューの提供があるようだ。
IMG_5128

さっそく店内に。
20160720001

入って左のスペースが厨房、奥には12卓ほどのテーブル席が並ぶ。
外にはオープンテラス席が3卓となっている。

 

豊富なメニューの数々

メニューはこんな感じ。
IMG_5135IMG_5136IMG_5137IMG_5138IMG_5139

アンジェフレーゼといえば天使のパンケーキは外せないところだが、残念ながらシーズンオフなので今は食べられないらしい。
その代わりに登場しているのが、日光の三ツ星氷室の氷をふんだんに使ったという天使のかき氷。

 

シェフにおまかせコース

でもせっかくランチタイムに来たので、平日ランチチイム限定のシェフにおまかせコースにすることにした。
IMG_5134

サラダバイキング、季節のスープ、選べるメイン、ドリンクが付いて1,080円はなかなかお得だ。

ちなみにこの日のメインは、ハンバーグ、魚料理、パスタからチョイスできるらしい。

そしてサラダバイキングはこんな感じ。
IMG_5143

冷製パスタから、野菜サラダ、マリネなど数は少ないながら少数精鋭的な感じの品ぞろえ。

どれも美味い。
IMG_5144IMG_5146

これだけでも十分満足できそうだw

そして季節のスープは、トマトの冷製スープだ。
IMG_5145

トマトの酸味、玉ねぎの甘味にバジルのさわやかさが合いまって、とてもすっきりした涼しい一杯だ。

つづいて今回チョイスしたメイン、サーモンのクリームパスタ。
IMG_5150IMG_5151

トマトの香りがたまらない。
トッピングはシメジ、サーモンなど、そして上からクリームソースとバジルがふられている。

それではひとくち。
IMG_5152

パスタは程よい茹で加減で噛みごたえがいい。
ソースは濃厚かつクリーミーでトマトの風味が効いていてとてもさわやかだ。
サーモンは薫香を感じる深みのある味だ。

これは他のメニューも挑戦してみたくなってきたな。

そして〆。
これはRB氏の注文したランチオプションのデザート(+300円)の苺ティラミス。
IMG_5155

これはまた美味そうだ。

 

ティラミス風パンケーキ

そしてこれが今回別に注文した〆のティラミス風パンケーキ(1,080円)だ。
IMG_5156IMG_5157

思いのほか大きいw
パンケーキ2枚の上には、ティラミス風のホイップクリームがたっぷりで、その上にはココアパウダーがふられている。

さっそくひとくち。
IMG_5160

パンケーキにはコーヒーがしみ込ませてありしっとりとしていてフワフワ。
ホイップクリームはまるで泡のよう。

ココアの風味にコーヒーのビター感が大人な感じ。
とはいえなかなか甘味はしっかりとしていて、スイーツだから別腹で良かったけど、これがスイーツじゃなかったらこの甘さで満腹感が増して食べきれなかったかもしれない。

そしてこの添えられたカット苺などベリーなどがシャーベット状で、酸味と冷たさいい感じにアクセントになっている。
IMG_5163

この手の観光スポットだとついでに食事できるところも作ってみました的なのが多かったりするが、ここは料理もデザートも普通に美味しい。
店舗もガラス張りで解放感もあってちょっとおしゃれな感じでなかかないいかもしれない。
いちごの里に来た時にはおすすめ。

カフェアンジェフレーゼ
住所 栃木県小山市大川島408
TEL 0285-33-1511
営業時間 9:00~17:30(LO)
定休日 年中無休

関連記事

 

-カフェ, 雑記, 食レポ
-, ,