カフェ 食レポ

【小山市城東】ちょっとしたアウトドア気分の味わえる山小屋カフェ「カフェQ」に行ってきた

2016/07/18

IMG_4862

小山市城東の住宅街のなかにまぎれるように存在するカフェ。
昭和を感じさせる建物はかつては何かの店舗に使われていた場所なのだろう。
その建物をリノベーションして、なんとも不思議な存在感のあるカフェへと変化を遂げたのが、ここ山小屋カフェ&バー カフェQだ。


スポンサーリンク


カフェであって食堂であるカフェQは、山小屋を彷彿させるその外見がなんとも特徴的。
IMG_486120160717001

店舗向かいに5台分の駐車場があり、もしここが満車の時は店内のスタッフさんに聞くと駐車場所を案内してくれるようだ。
ちなみにこの日も日曜の12時頃という時間帯だったので満車だった。

 

店舗内が山小屋気分で雰囲気満点

ひとまず車を停めて店内に入ると、正面にテーブルカウンター1卓、その右奥に厨房。
20160717002

左手には窓際にカウンター席、中央にテーブル席2卓、さらに奥の部屋にも半個室のテーブル席がある様子。
20160717003

女性客で賑わう店内。
穴場的な感じの場所だけど結構人気のお店のようだ。
テイクアウトもできるようで、注文した食事を受け取りにくるお客さんも多数見かけた。

そして店内の装飾や小物の数々。
20160717004ロードバイクなどが数台天井に吊るされていたり、たくさんのアルコール飲料の瓶があったりと、店主の趣味がうかがえる。
そしてランタンや携帯燃料など、レトロ感のある照明や店内の装飾がなんかとも山小屋チックだ。

 

山定食とかメニューも豊富

さっそくメニューをチェック。
IMG_4871IMG_4872

日本の山々をモチーフとした山定食メニューがなんとも面白い。
※仕入れ状況によって売り切れメニューあり

他にも日替わりっぽいメニューが板に貼られていたりとセンスを感じる。
IMG_4873

ドリンクやアルコール、スイーツなども豊富に揃っている。IMG_4874 IMG_4875 IMG_4876IMG_4877IMG_4878

ちなみに水はセルフで、店舗左奥に用意されている。
IMG_4901

カップもアウトドア仕様で細部まで抜かりがないなw

 

おやま和牛の岩石ハンバーグ

これが同行した縫製の注文したおやま和牛の岩石ハンバーグの単品(980円)だ。
IMG_4892IMG_4893スキレットで調理しての提供というのがまたアウトドアチックでいい。

この絶妙な焼き加減がまた美味そうだ。
IMG_4894

飛騨高山

今回攻略する山は飛騨高山(1,380円)だ。
これまた板の上に乗せてあるところがオシャレ。
IMG_4886IMG_4887

その名前の通り、朴葉を器としておやま和牛を味噌焼きにしたものは、飛騨高山の郷土利用理だ。
IMG_4888

おやま和牛の他にしめじ、ネギなどが入っている。

先付けは白菜の漬物、笹の葉に乗せた煮物。
IMG_4889

さっそくひとくち。
IMG_4891

和牛、ネギ、シメジに味噌をしっかり絡めて焼いたもので、焼けた味噌の香ばしいかおりに風味、これだけ味噌があっても主張しすぎることはない。
肉の旨味、ネギのシャキシャキした歯ごたえが心地よく、味噌の風味がとてもよくマッチしている。

これはご飯がススムこと間違いなしだ。

この雰囲気がさらに美味さを倍増させているところもあるのかもしれない。

 

ベイリーさんちのかぼちゃケーキ

そして〆はベイリーさんちのかぼちゃケーキ(450円)。
IMG_4897IMG_4898

パイ生地の上に乗るかぼちゃケーキ、そしてシュガーパウダーでコーティングされ、シナモンがアクセント。
クリーミーな生クリーム、レーズン、アーモンド、ナッツが添えられている。

IMG_4899

濃厚でしっとり感のあるかぼちゃケーキは、かぼちゃ本来の甘味も感じることのできるものだ。
シナモンのアクセントがまた甘味を引き立たさせる。

 

総評

店内の雰囲気もいいし、メニューがなかなか面白いところもいい。
アルコールなども揃っているので、カフェだけでなく夜にバーとして立ち寄るのも最高かもしれない。

まさに山小屋で夜を過ごす気分を味わえる。

なかなか面白いお店だった。

カフェQ
住所 栃木県小山市城東7-1-12
TEL 050-5890-8271
営業時間 11:00~23:00(LO22:30)
定休日 月曜、第一火曜

カフェキューカフェ / 小山駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7

 

-カフェ, 食レポ
-, ,