カップ麺 食レポ

【ヤマ○キ梅雨のカプ麺祭り】日清名店仕込みシリーズの山頭火 旭川とんこつ塩を食べてみた

2016/11/23

IMG_7395

6杯目となるのは、日清の名店仕込みシリーズのひとつである、山頭火の旭川とんこつ塩だ。
昭和63年創業の旭川に本店を構える名店のひとつである。

このシリーズは当たりが多いので今回も期待大だ。
なにせ旭川とかそうそう行ける場所でもないからなw


スポンサーリンク


さっそく開封してみると、
IMG_7399

かやく、チャーシュー、液体スープ、粉末スープと別々に分けられている。
このタイプのやつはチャーシューが独特のパサとした食感のやつだ。

麺は色味が鮮やかなノンフライ麺だ。
IMG_7401

さっそくかやくとチャーシーを入れたらお湯を入れて4分。
粉末と液体のスープ、かやくに入っていた小梅を入れて完成だ。
IMG_7404

まずはスープをひとくち。
乳化したスープながらも豚骨の風味にくどさは無く、意外とあっさりなので完飲も容易だ。
しかも後味に感じる魚介があとをひく。

そして麺。
IMG_7405

若干パサツキ感があり、歯ごたえが物足りない。
もっちりが正解なのかパッツリが正解なのかわからないが、想像するにパッツリ系なんじゃないだうか?

そして期待をしていなかったチャーシューだが、口に含むとホロホロ崩れるもので意外とよかった。

スープがなかなかいい味出してた。
麺は茹で加減と湯温にもよるので一概には言えないが、もうちょっと美味かったら最高だったかもしれないな。

 

 

-カップ麺, 食レポ
-