レポート

腸内環境改善に効果のあるヨーグルトBifix(ビフィックス)のドリンクをヨーグルトメーカーで増殖してみた

2016/07/14

IMG_7887

グリコから発売されているビフィックスに含まれる、ビフィズス菌Bifixはおなかの中で増殖し、腸内環境を改善する効果がある。
そんなビフィックスを高濃度で含んだ、高濃度ビフィズス菌飲料であるビフィックス1000。

きっと高濃度なら余裕でヨーグルトメーカーで増殖させられるはず。
ということでさっそく検証してみた。


スポンサーリンク


準備したのはビフィクス1000と牛乳1パック。
IMG_7886

室温は26度。
常温で2時間ほど放置しておいたものを使う。

いつものように手で中身とかに触れないように牛乳を100mlほど抜き、そこにビフィックス1000を投入。
IMG_7888

あとはヨーグルトファクトリーにセットして9時間ほど待つだけ。
IMG_7890

気温は高めなので上から布を被せる必要はないだうう。

で、9時間後確認してみると。
そこにはうっすらと酸味を感じる香りのする牛乳の姿が。
きっと冷蔵庫で寝かせておけば完成するはず!と期待をしたのだが、残念ながらヨーグルトに変化することはなかった。

やはり若干ヨーグルトになる成分と違うのだろうか。
どうやらビフィックス1000はそのまま飲むのが正解かもしれない。

これは次回はパックのヨーグルトで再検証が必要だな。

 

 

こちらもおすすめ



 

-レポート
-, ,