栃木市スポット

栃木市にある温泉施設「栃木温泉 湯楽の里」がなかなか充実していて人気のスポット

2016/11/23

IMG_0789この風雨吹きすさぶ極寒の中での夕食も無事終わり、食材の焦げ付きでひどい事になったダッチオーブン。
寒さに負けてこのまま朝まで放置すると面倒なことになるので、ひとまずは焚火で暖をとりながら食材を炭化させておくことにした。


スポンサーリンク


 

衝撃の事実が発覚する

で、そんな時、衝撃の事実に気付く。
IMG_0779実はこのキャンプ場、市営ではあるが風呂などはもちろん無い。
そのかわり、車で5分ほどのところにある下野市保険福祉センターゆうゆう館の中に「天平乃湯」という入浴施設がある。

さすがは市営なだけあり、入浴料一般300円、子供200円という破格の値段。
この値段でありながら、温泉ではないものの露天風呂から室内風呂、ジャグジー、サウナまで揃っている。
もちろんお約束のリフレッシュルームやレストランもある。

だが、市営ゆえに利用時間が20時半までなのがネック。

そして現時刻が21時というね。
この寒さの中、風呂だけが唯一のリフレッシュスポットだっただけに残念すぎる。

 

湯楽の里は深夜1時まで過ごせる

そんな時に大神情報で、栃木市にある湯楽の里なら25時まで営業しているという情報を手に入れる。
しかもここからなら車で20分ほどなので全然問題ない。

そして雪の降るなかやってきたのがここ、湯楽の里。
IMG_0789駐車場には結構な台数の車が駐車していて、その人気っぷりが伺える。

入り口はさながら温泉旅館のよう。
IMG_0791IMG_0792
スロープを歩き靴を脱ぎ、進んだ先はロッカーになっている。
IMG_0794結構ギリギリの作りで、通常サイズの靴なら問題ないが、ブーツなど大きな靴の場合は苦戦することになる。
なんといっても大きな靴用のボックスが圧倒的に少ない。
まぁさいあくは2箇所使ってもいいわけだが、もちろん靴を入れるには100円が必要になる。
※鍵を開けると返金される。

そしてやっぱりいるよね、100円を忘れてないかチェックするやつ。
20016021101完全フリーだった頃なら絶対しなかったのに、やっぱり結婚って怖いね。

 

天然温泉

どこかから配送してきた温泉を使っていたり、いちお温泉です的な施設が多いが、ここは本物の天然温泉を楽しむことができる。

日本天然温泉審査機構の評価項目で源泉4、泉質5、引湯5、給湯湯方式5、加水5、新湯注入率5と5つの項目で満点の評価を得ている。
泉質は美人の湯と呼ばれる炭酸水素塩温泉(重曹泉)で、神経痛や筋肉痛、関節痛などの痛みや、冷え性から内臓の働きを活性化したり、疲労回復など様々な効果がある。

そんな温泉を源泉かけ流しで楽しめる。

まずは内湯にある掛湯で身体を洗い流してから入浴しよう。

内湯

2016021106内湯には様々なタイプがある。
・広い浴槽の白湯
・横になってジェット噴流で全身をマッサージできるジェットバス
・深い浴槽で高圧水流で全身をマッサージできるスーパージェットバス

2016021107・遠赤外線でデトックス効果抜群のタワーサウナ
・サウナで火照った身体に冷水風呂

2016021109

露天風呂

2016021108

露天風呂が想像以上に開放感があり、作りもとても豪華で居心地もよい。
丁度雪だったので雪のちらつく空を眺めながらはなかなかいいものだ。

露天風呂にもいくつかの風呂がある。
・天然温泉かけ流しの源泉風呂
・源泉加水加温循環式で結構熱めの本格的な岩風呂
・寝ころんで空を眺めながら浸かる寝湯
 ※身体を温めてからじゃないと寒い

これだけの種類を1日中ずっと堪能することができる。

2016021110

エンタメ風呂

週末と風呂の日(26日)はエンタメ風呂で幻想的な露天風呂に変化する。
2016021105撮影などに使われる機材を使っているので本格的。

雪見風呂
夏季(4月~9月)19:30/20:30/21:30
冬季(10月~3月)18:30/19:30/20:30
しゃぼん風呂 
夏期(4月~9月)19:30/20:30
冬期(10月~3月)18:30/19:30

※約10分間

 

お食事処

IMG_0796

カウンターからすぐの場所にあるのがお食事処。
食事や軽食だけでなく、アルコール類やつまみなども充実している。

ちなみにメニューはこんな感じ。
IMG_0804 IMG_0805 IMG_0806 IMG_0807これ以外にも曜日限定や1日10食なんてものもある。
IMG_0808また来ることがあったら食事も試してみよう。

 

お休み処

20016021102出典:湯楽の里

畳敷きの休憩スペースで、隣のお食事処の料理を食べたりすることができる。
また、建物奥にはマットレスが敷かれていて寝心地抜群。

他にもコインマッサージ(5分100円)やゲームコーナーなども併設されているので、時間を忘れて過ごすことができる。
2016021103

 

利用料金

ロッカーを抜けると右手にカウンターがあり、そこで入場の受付をする。
カウンターでは入退出の精算以外にも、アメニティーグッズやお土産なんかも販売するスペースもある。

入館料

大人(中学生以上) 平日 690円
土祝特定日 790円
子供(0歳~小学生以下) 平日 360円
土祝特定日 460円
カード入館回数券(10回分) 5,900円

※天然温泉なので別途入湯料が50円かかる。

1年に10回以上利用するなら回数券もアリかもしれない。
ただ、メンバーズカード登録に100円必要なので、一回あたり90円+50円の140円しか安くならないので微妙ではあるが。
1年の期限付きでなく無期限なら買いかもしれない。

ちなみに貸しタオル70円、貸しバスタオル130円

癒し処

こういった施設ではお約束のマッサージなんかを受けることができるスペース。
疲れがひどいときにはいいかもしれない。

利用時間 10時~24時50分(最終受付 24時)

ボディケア
体の疲れ解消に。時間によって部分から全身まで対応している。
ボディ20分 2,200円
ボディ30分 3,200円
ボディ45分 4,300円
ボディ60分 6,000円
ボディ80分 8,000円
ボディ100分 10,000円
ボディ120分 11,300円

 

フットケア
足の疲れ解消に。時間によって足裏からふくらはぎまで対応している。
フット20分 2,200円
フット30分 3,200円
フット45分 4,500円
フット60分 ★アイマスク付 6,000円

 

タイ古式
軽いストレッチから本格的なものまで対応している。
タイ古式45分(仰向け・座位) 4,500円
タイ古式70分(仰向け・うつ伏せ) 7,500円
タイ古式90分(仰向け・うつ伏せ・横向き) 9,500円
タイ古式120分(仰向け・うつ伏せ・横向き・頭・顔・座位) 12,000円

 

その他のメニュー
クイック10分
時間をかけたくない人向けの10分間で集中してほぐすもの。
首・肩・腰・ふくらはぎや足裏など。
1,100円
延長10分
もっとほぐしてもらいたい時にその都度延長できる。
1,100円

 

アカスリ

温泉でふやけた身体にアカスリとかとても気持ち良さそう。
温泉内にあり、予めカウンターで開始時間の予約をしておく必要がある。
あとからやってみたいと思ってもカウンターまで行かないといけないので、一度風呂から出て着替える必要があるので注意。

利用時間 10時~24時(最終受付 23時半
※24時に終了するコースに限る。

和(なごみ)30分コース
全身あかすり・ボディシャンプー・ヘアシャンプーのセット
3,700円
入館セットプラン45分コース
30分コースにオイルトリートメントを追加。
入館料、館内着、タオルもセット。
6,700円
選べるメニュー70分コース
5種類のメニューを自由に3つ組み合わせることができる。
①全身アカスリ・ボディソープ・ヘアシャンプー
②洗顔・フェイシャルマッサージ・顔パック(ソーダスパフォームorホワイトor24金入り保湿ジェル)
③アロマオイルトリートメント
 全身海藻ジェル・ミルクボディトリートメント
④蒸しタオルもみほぐし(うつ伏せのみ)
⑤かかと角質処理
9,000円
あかすり&リンパセット90分コース
全身あかすりからフェイシャルマッサージ、全身オイルリンパトリートメント、かかと角質処理といったアカスリとオイルリンパトリートメントまですべてセットになった豪華版。
12,000円

 

うるおい美肌メニュー
初めてのあかすり10分
背中だけのあかすり
1,800円
顔パック30分
クレンジングから小顔フェイシャルマッサージやヘアシャンプーまでセットになっている。
3,000円
延長10分
もう少しという時は気軽に延長できる。
1,000円

 

 

リンパボディトリートメントメニュー  
美脚リンパお試し25分コース
下半身だけのオイルリンパトリートメント
3,000円
リンパスリムライン45分コース
全身アロマオイルトリートメント、ホットジェルでウエストラインの集中ケアなどのセット
5,700円
全身リンパプラチナ60分コース
クレンジングやフェイシャヤルマッサージから全身トリートメント、ホットジェルなど全てがセットになったメニュー
7,500円

 

このようにリフレッシュメニューがとても充実している。
まぁお金は結構かかるがw

 

館内の支払いは精算バンド

IMG_0809館内での食事や自販機での購入などは精算バンドのバーコードを読み込ませるだけで済むのでとても楽。
支払いは最後にカウンターで行う。

湯上りのコーヒー牛乳最高!!
2016021104その場でお金を払わないからといって、調子に乗って飲みまくるのだけは気をつけようw

精算を済ますと出口のバーを開けるためにカードをもらえる。
これを通さないとバーが開かないので帰れない仕組みだ。

なかなか思いのほか快適で温泉も気持ちいいので栃木市に来たら寄ってみるといいかも。

栃木温泉 湯楽の里
住所 栃木県栃木市大町22-70
TEL 0282-20-2641
営業時間 9:00~25:00(最終受付24:00)
定休日 無休

 

-栃木市スポット
-, , ,