料理レシピ

11種類のスパイスを駆使してオリジナルブレンドのカレー粉を改良してみたレシピとか ver.2

2016/11/09

IMG_0032

前回4ヶ月ほど前にオリジナルブレンドのカレー粉「隊長の粉」wを作ったのだが。
そろそろリベンジがしたい気分になったので、突発でブレンドを始めてみた。

関連記事:11種類のスパイスを駆使してオリジナルブレンドのカレー粉を作ってみたレシピとか

 


スポンサーリンク


 

今回もこの11種類のスパイス

今回も使用するのは以下のスパイス。
IMG_0026

 

 

そしてブレンドはこんな感じ。
まずはホール状のスパイスはこんな感じに調合した。
IMG_0028

※上から時計回り

・カルダモン 小さじ1.5
・グローブホール 小さじ1
・ローレル 小さじ1分
・コリアンダーシード 小さじ1.5
・ブラックペッパー 小さじ2
・クミンシード 小さじ2

これで前回より甘みは抑えてスパイシーさが増しているはず。
どれくらいの分量でどれだけ効果があるのか未知数なのであまりいっきに変えていないが。

そしてパウダー状のものはこんな感じ。
IMG_0029

・ターメリック 小さじ6
・カイエンペッパー 小さじ3
・ジンジャーパウダー 小さじ5
・シナモン 小さじ3

これで前回よりも辛みと旨味を強く、ビター感も増しているばす。
※わかりづらいのですべて小さじ表記。

これで準備完了だ。
IMG_0027

ちなみにカルダモンホールは中の種だけを取り出し、ローレルは適当に細かくちぎってある。
この配合を考えるのが楽しい。
なんだかんだでこの工程で40分くらいは費やしてしまったw

 

フライパンで焙煎

続いて行うのは、そうフライパンを使っての焙煎だ。
中火でほどよく熱したフライパンにホールスパイスを投入したら2、3分ほど炒る。
IMG_0031

もちろんここで煙を出してしまうと台無しになるので注意だ。
2、3分もすると油分がでてくるので香りが全然か違ってくるのがわかる。
そこまでやれば終了。

そこにパウダー系のスパイスを加えて再び2、3分ほど炒る。
IMG_0033

当然ここでも焦がしてしまったら台無しなのでそこだけは注意。
この工程でさらに香りに変化が出てくる。
今回はガーリックパウダーを多めに入れたのでガーリックの風味がとても強く感じる。

あとは皿の上に移して一度冷ます。
IMG_0034

もう色味的には完全にカレー粉だ。

 

スパイスをすり潰していく

そしてここからが一番の楽しいひととき。
スパイスをパウダー状になるようにすり潰していく。
IMG_0036

すでに下のふきんでテーブルを拭いたところが黄色くなっている。
色味的には完璧かもしれない。

そんなわけでここでミキサーで砕けば早いのだが、すり鉢で擂ることで劇的な香りの変化を楽しむことが出来る。
※決してミキサー持ってないからすり鉢でチマチマとやってるわけじゃないのである(´・ω・`)

 

最初はカレーのような香りが複雑に絡み合った濃厚な感じはまったくないのだが、この工程を10分も続けると完全にカレーの香りになってくるから不思議だ。
そして達成感があって面白い。
IMG_0037

そんなわけで隊長の粉ver.2の完成。
IMG_0039

ひと瓶50gのカレー粉ができた。
結構すり鉢に一部を持ってかれちまった!!

普通のカレー5人分でカレー粉大さじ2と薄力粉大さじ4の分量を使うから、1杯あたりカレー粉が6g必要ということになる。
てことはこれで8杯分しか作れないというねw

まぁまだ試作段階だから、完成版が出来たら大量に作ることにしよう。

関連記事:11種類のスパイスを駆使してオリジナルブレンドのカレー粉を作ってみたレシピとか

 

 

 

-料理レシピ
-, ,