ラーメン 栃木のラーメン 食レポ

店主の「弱気」チャーハンと限定復活麺を求めて麺堂HOMEに行ってきた 20杯目

IMG_5855

今年もあと2週間で終わりともなってくると、今年もあと2、3杯で終わりだなーという気分になってくる。
まぁ「何も考えずに食いまくればいいじゃない」と言われればそれまでなんだがw

ということで、今年の麺堂HOME〆にして20杯目とキリのイイ感じの日に相応しくアレが復活したらしい。
IMG_5854そう、アゴ潮そばだ。
前回は結局冷やしの醤油を食べただけで、塩味は未食に終わってしまったので、今回やっと食べることができる。

23日までの限定復活でトータル150杯ほどの予定らしいのでこれは行かないとなっ!!
そして今日は限定きまぐれ飯の店主の「弱気」チャーハンが食べられる。

ということで、やってきたのは夜の部オープン20分前。
すでに先客が5名。
すぐに行列ができて、オーブン後には待ちもできるほど。

そんなわけで席につき少ししてまず登場するのは復活のアゴ潮そば(750円)。
IMG_5856和を感じるとても優しい香りがする。
トッピングは鶏チャーシュー、ネギ、小ネギ、穂先メンマ。

さっそくスープをひとくち。
IMG_5857その名のとおりアゴダシ(とびうおの煮干し)がベースになり、丁寧にダシが摂られていて透明度が高く、エグミなどもまったくないコクや旨味がしっかりと感じられる和のスープ。
そのまま飲むと若干濃い目に感じるが麺に絡むと丁度良さそうな塩分濃度。

そして麺。
IMG_5858もっちりコシのあるストレートの細麺に絡むスープがまさにベストな濃度。
鶏チャーシューは上品なスープ故に動物感が見え隠れしてしまっているが、このあっさりさっぱり感のある一杯はなかなかのもの。

夏のレギュラーメニューの時にもっと食べておくべきだったな。
今後また復活することがあったら、また是非とも食べたいところだ。

で、これが今回のもう一つの楽しみ、店主の「弱気」チャーハン(400円)。
IMG_5859一生懸命腰をふっ・・・フライパンを振って作り上げた一品。

IMG_5860具材はチャーシューのみというシンプルなもの。
ご飯にあらかじめ卵を絡めてからフライパンで炒めているのだろう、見事にご飯に卵がコーティングされて黄金に輝く。

あまりのパラパラ加減に運ぶ段階で山が崩れ始めるほど。
「弱気」というよりも「本気」もしくは「気合の入った」のチャーハンだなw

ホント何この黄金加減はw
本気すぎる!!
IMG_5861さっそくひとくち食べてみると、余計な香辛料は使わずに純粋にチャーハンの旨味だけで勝負な感じ。
そしてパラパラ加減がハンパ無い。

久しぶりに美味いチャーハンを堪能できて、今年のHOME〆に相応しいきまぐれ飯だった。

関連記事:麺堂HOME行ってきた

-ラーメン, 栃木のラーメン, 食レポ
-, , ,