ラーメン 栃木のラーメン 食レポ

待望の一杯!!鶏白湯らーめん塩味を求めて麺堂HOMEに行ってきた 15杯目

2015/11/11

IMG_3082なんだかんだで麺堂HOMEもこれで15杯目。
最近は同じ店にばかり食べに行く傾向にあるから、目標である100店舗がまったく達成できないでいるわけだが。

美味いんだから仕方ないよなw

ということで、常連さんしか頼めないという鶏白湯の塩味が、ついにオーダー可能な裏メニューとなった。
とはいえ、なかなかタイミングが合わなくて挑戦できなかったのだが、やっと食べに行くことができた。

まだ店員さんも鶏白湯の塩の存在を知らない人もいるようで、一瞬不安になったしまったが無事に注文することができた。

これがその噂の鶏白湯らーめん塩味(800円)だ。
IMG_3083通常は濃厚な鶏白湯に醤油のカエシを加えるわけだが、それが塩味になっただけで香りがまた全然違ってくる。
ダイレクトに突き抜けてくる鶏白湯の濃厚な香りは、まるでポタージュースープのような甘い匂いがする。

常に進化を続ける鶏白湯らーめんだが、ここで別の進化形態を手に入れたといってもいいだろう。
正規な進化は鶏白湯の醤油味だろうから、さながら亜種といったところ。

トッピングは豚バラチャーシュー2枚、ネギ、穂先メンマといつものやつ。

さっそくお待ちかねの鶏白湯塩味バージョンのスープをひとくち。
IMG_3084この純粋な鶏油の黄色を含んだ乳白色のスープ。
無駄に濃すぎない絶妙な濃厚加減と塩分濃度のスープは喉越しもとてもよい。

塩味だと動物臭さとかが表面に出てきそうだが、そんなことはまったくなくクドさもまったくない。

塩派ではあるのだが、この鶏白湯らーめんに限っては亜種より正規版の方がさらに美味いな。
やはり店主こだわりの一杯はすでに完成された味なのだから、変に違う味を求めてはいけないということだな。

続いて麺。
IMG_3085もうねこの全粒粉の細麺がすでに美味いからね。
ぱっつり歯応え最高な麺に、小麦の風味や香ばしさがしっかり主張してくる。

やはりスープ単体では本当の美味さは計れないな。
スープが麺に絡むと相乗効果で旨味が増す。

で、これも忘れちゃいけない本日のきまぐれ飯は、「夢の手作り とりつくね丼」(250円)というやつ。
IMG_3086IMG_3087生姜はあまり使わないスタイルらしく、つくねの味がガツンとくる。
甘めのタレがまたやさしい。

子供にも安心して食べられるようなやさしい味付け。

とりあえずあと2杯くらい食べたかったなw

次回はそうだな、旨カラをまた食べよう。
あの旨さはクセになるんだw

関連記事:麺堂HOME行ってきた

 

-ラーメン, 栃木のラーメン, 食レポ
-, , ,