お好み焼き 栃木市スポット 食レポ

学生御用達のお好み焼きともんじゃの「スパイス」は栃木市にある昔ながらのお店

IMG_1442栃木駅から徒歩5分ほどの場所に昔からある、お好み焼きやもんじゃのお店。
そこがスパイス。

周辺にいくつもある高校からの駅に向かう途中にあるので、高校生に利用されることも多い。
そんなお店だが、実は一度も入ったことはなかった。
そしてついにそこに訪れる日がやってきた。

お店の前には昔から使われていたであろう看板がお出迎え。
IMG_1443学生の利用が多いからかこんな学生向けの看板なんかもあったりする。
こういった学校行事のあとに打ち上げとか無縁の世界に生きていたから楽しそうでいいな。
IMG_1444そんなわけでお店は階段を上がった左の奥にあり、階段の壁には学生の打ち上げらしい写真やバンドの写真なんかが沢山飾られていた。
20150921001IMG_1451
そう、店内にはステージが設営されていて、ライブイベントなんかも開催されているらしい。
IMG_1452
たぶん夫婦でお店を営んでいると思われる。
通路以外は結構ギリギリの配置のテーブル席が7卓ほどあった。
IMG_1453IMG_1464
今日もヒゲずらに長髪で痩せすぎないかにもっぽい人が座っているwIMG_1454IMG_1460

そんなわけでさっそくメニューをチェック。
ドリンク類はジュースからアルコール類まで揃っている。
IMG_1456メインのもんじゃとお好み焼きも豊富な品揃え。
トッピングを選んだりする必要も無いくらいにバリエーションに富んでいる。
IMG_1457もちろんそれだけじゃなく、焼きそばや鉄板焼き、つまみ、セットメニューもある。
IMG_1458折角なので色々と注文したいところだが、なにせヒゲが小食で毎月の小遣いが2万円でカネが無いというので控えめにすることにした。

ちなみにちゃんとお好み焼きやもんじゃの焼き方のマニュアル的なものも完備されているが、どうしてもわからなかったらマスターに聞いてみるといい。
IMG_1461IMG_1462
テーブルに備え付けされているのは、
IMG_1463右から味の素、コショウ、塩コショウ、鰹節粉、ウスターソース、油、青のり、お好み焼きソース。

そんなわけでひとまずはジンジャーエール(300円)で喉を潤す。
IMG_1471ビンタイプのジンジャーエールとかなんとなくレアだな。
なかなかお店では売ってないから持って帰りたくなるw

まずは豚・もち(780円)から。
IMG_1467豚は豚バラじゃなくて、ミンチ状になっているらしい。
これなら、「あれ?オレのとこ豚バラねーぞ」「オレ豚バラ2枚もあったわ」なんていう悲しい出来事が起こることも無い。
なんという神配慮だろうか。

ひとまず鉄板で直径15cmほどに広げて5分待機。
IMG_1472しかるのちにヘラをお好み焼きと鉄板の間に差し込みいっきに裏返す。
IMG_1473ここは元、道頓堀バイトで社員にならないかと誘われたオレ様の腕の見せ所。
華麗な返しテクニックでミッションコンプリート!!
IMG_1475もし素人がやっていたら、今頃ヒゲの頭の上にはカッパの皿よろしくお好み焼きが乗っていたことだろう。

そして5分ほど待ち、皿に乗せやすいように4等分してお好みソースを塗りたくる。
IMG_1477


あとは皿に移して好きなように味付けをすれば完成だ。
IMG_1478この均整の取れた美しいトッピング。
これが素人ならこうはいかない。

そんな向かい側でヒゲはマヨネーズを「ブビュ、ブピピピ、ブリュリュ」という酷い音を上げながらかけていた。
これが素人とプロの違いというやつか。

豚肉と紅生姜が全体に満遍なく行き届いているので、どこを食べてもベストの状態なのが嬉しい。

続いてチーズ・明太子(780円)
IMG_1468
この鉄板上で熱を帯びて徐々にとろけていくチーズがまた貯まらない。
IMG_1479
そして再びお好み焼きを息をするように何事もなかったかのように裏返す。
IMG_1480これがもし素人だったら、今頃フライングドックよろしく草原で犬がジャンピンクしてキャッチしているところだったろう。

この明太とチーズの組み合わせの妙である。
本来ならモチも欲しいところだが、ヒゲが奥さんの夕飯も食べないといけないということで軽めにしておいた。
IMG_1483
いやー堪能した。

スパイス
住所 栃木県栃木市境町11-11 平和ビル2F
TEL 0282-22-2601
営業時間 平日15:00~22:00
     土日祝11:00~22:00
定休日 不定休

-お好み焼き, 栃木市スポット, 食レポ
-, , ,