PC

Windows10が無料で手に入る。意外と簡単な予約とキャンセルの方法

2015/07/28

windows10数日前からタスクバーに見慣れないアイコンが表示されるようになった。
いったいこれなんぞ?
と思って見てみるとどうやらwidows10のアップグレードの予約案内だった。
2015060701

Windows10とは

Windows10とはマイクロソフトの最新OSのことで、条件次第で無料でこの最新OSが手に入るということで話題になっている。

しかもこのWindows10でメジャーアップグレードは終了になる。
ついにマイクロソフトもこのアップグレード商法ではユーザーが離れていくばかりと危機感を感じたのだろう。

いまやOSも種類が増えてきて、OSのせいでPCの値段が跳ね上がるWindowsPCは時代にあっていない気がする。
これでマイクロソフトが手頃な値段で提供してくれるようになれば最高なんだけどな。

とはいえ、現時点で対象のOSの入ったPCを所持していれば、1年間といえ無償でアップグレードすることができるのはコスト的に嬉しい。

 

無料アップグレード対象のOSとは

とはいえ、すべてのPCが無料アップグレードの恩恵を受けられるわけではないらしい。
そこはやはり商売だからなんでもかんでもと言うわけにはいかないんだろう。
それもそのはず、いまやOSはPCだけでなく、タブレットからスマホまで使われる時代になったから、その必要スペックも条件が低くなっている。

となれば昔使っていたPCが復活する(限度はあるが)可能性だってある。
だからといって古いのまで最新版にされては商売上がったりということだろう(; ・`д・´)

対象のOSは

・Windows 7 Service Pack 1 (SP1)
・Windows 8.1 Update

とこの2タイプ。

もちろん事前に最新の状態にしておくのは当然のこと。
どうやらアップデートってしないといけないの?なんて人が周囲にかなり見かけるので、これが意外と買った時のままという人が多いはず。

しかも使っているPCのエディションによってちゃんと区別してくれるのが嬉しい。
そんなうちのOSは当然ながらWindows7 Professionalだったりする。

ちなみに対応エディションは

・Windows10 Pro
 Windows7「Professional」「Ultimate」
 Windows8.1「Pro」「Pro Student」「Pro WMC」
・Windows10 Home
 Window7、8.1ともに上記以外のエディション

となっている。
まぁ普通に使っている人はみなWindowa10 Homeにアップグレードされることになるはず。

 

必要スペック

さすがはタブレットやスマホへの実装も視野に入れられてるだけあってその要求スペックもとても軽い。

・CPU 1GHz(32ビット、64ビットともに)
・メモリ 1GB(32ビット) 2GB(64ビット)
・HDD 16GB(32ビット) 20GB(ビット)
・グラフィック DirectX9以上のGPU(32ビット、64ビットともに)
・画面解像度 1024×600以上

うちのOSを入れているSSDさんも20GB使ってもまだ30GBほど余るから全然余裕。

 

無料アップデートの予約ができるらしい

で、話しを最初に戻すが、その対象のPCにはすでにこの予約のアイコンが表示されている。
※更新状態や提供順番でまだの可能性もあり。
2015060701
これをクリックするとこんな画面が表示される。
2015060702あとは無料アップグレードの予約をクリックするだけで予約は完了する。

とても簡単だ。

ちなみにその後に表示される画面で確認用のメールアドレスを登録とかできるが、別に必要ないのでスキップして構わない。

 

色々と調べられるらしい

2015060703ちなみに右上のメニューアイコンをクリックするとWindows10の機能の説明とか色々と調べることができる。

PCのチェック

PCのチェックをクリックするとWindows10にアップグレードした時に問題がありそうなものを調べてくれる。
2015060704

うちのメインPCはひとまずデバイスには問題が無かったが、アップグレード中にアンインストールが必要な無料ツールが1つ、アップグレード後に正常動作が怪しいソフトが1本見つかった。

まぁ現時点では無料ツールくらいならなんとでもなるし、ソフトも最近は全く起動すらしていないFallout3だけだったので、このまま予約しておいても構わないが、ひとまずは様子見しておくことにした。

Windows10の予約をキャンセルするには

ということでキャンセルをしておきたいわけだが、それはメニューの機能の確認で行うことができる。
2015060705左下の予約の取り消しをクリックすると確認が表示されるので、もう一度予約の取り消しをクリックすれば完了する。

 

結論

ひとまずは7月29日に提供が開始されることだし、ネットの反応とかドライバとかツールの対応状況でアップグレードを考えることにしよう。

要求スペックが低いというひとは相当快適になるだろし、なにより使いづらかった8.1に新スタイルのスタートメニューが復活するというのと、新しいブラウザのMicrosoft Edgeがどんな風に出来上がってくるかが気になるところだな。

[amazonjs asin="B00JP54E9O" locale="JP" title="Microsoft Windows 8.1 最新版 Windows 8.1 Update 適用済みパッケージ"]

-PC
-, , , , ,