Explorers アウトドア 料理してみた

ダッチオーブンで初料理。ローストポーク作ってみた

IMG_9601それは先々週の土曜のこと。
出発前からどうも鼻がムズムズでくしゃみ鼻水という嫌な予感がしたものの、すでに動き出した時は止められないのである!

ということで、早朝7時半に集合し、装備を愛車に積み込んで早々に出発する。

順調に行けるかと思った矢先に縫製が小腹がすいたからとコンビニでパンを買い食いしてからのスタートとなった。
ていうかこれから料理して食べるというのに、いきなり買い食いとかフラグとしか思えない(´・ω・`)

そして小山市へと車を走らせ、前にチェックしていた渡良瀬川の河原へと到着。
詳しくは「新たなベキュリングスポット探し Part.2」参照

 

ベキュリングスポットに到着

今回のベキュリングスポットはここだ!!
IMG_9603ちょうど橋の影で日影ができるから暑くないしベストじゃないだろうか。

ちなみにしばらくしてここのさらに土手を降りた下の河原(この前チェックした闇のデュエルが行われていた場所)まで車で降りる場所があったらしく、2組ほどベキューをやりに来ていた。

もしかして結構メジャースポットなのかもしれない。
なんといっても直火をしたっぽい後とか、ベキュった後のゴミとか、テーブルセットが丸々捨ててあったりとかしたからな(; ・`д・´)

利用禁止まで待ったなし!!(;・∀・)

ホントにわかな人はそういった基本的なマナーというか社会のルールを勉強するとこから始めて欲しいものだ。

 

本日の食材

IMG_9604今回予め前日にフジマートで調達した食材たち。

・豚肩ロースブロック 800g
・ニンニク 1個
・じゃがいも 5個
・玉ねぎ 3個
・塩こしょう
・オリーブオイル
・持参した米

今回はこの材料でローストポークを作りたいと思う。

 

飯盒炊爨

まずは前回のあまった薪とオガライトで火の準備をして、火力が元気なうちにご飯を炊くことにした。
IMG_9606すでにお気づきかと思うが、吊り下げポールは家に忘れてきた。
おかげで余計な後始末が増えそうである(´・ω・`)

飯盒はもう大体、勘でできるレベルなので、丁度底辺りに炎が当たるくらいで放置する。
そして水が噴出し始めたら火力を上げて全体的に炎に包まれるようにした。

あとは湯気が噴出さなくなったら5分ほどそのままにして、トータル28分ほどで火から降ろして蒸らしタイム。
IMG_9610

食材の下準備

そんな飯盒との同時進行で食材の準備を始める。

まずはじめに豚肉に適当に切れ目を入れて塩コショウをする。
IMG_9607
つづいて2等分にカットしたニンニクを切れ目に挟んでいく。
IMG_9608※ローズマリーが手に入らなかったので使わなかったが、一緒に切れ目に挟むといい感じ。

あとはじゃがいもと玉ねぎを二等分して準備完了。
IMG_9609

ダッチオーブンを加熱

あらかじめ掃除の手間を省く為に、ダッチオーブンの中にはアルミホイルを敷き詰め、それを加熱しておく。
IMG_9611もうこれだけで絵になるな。
やっぱダッチオーブンはアウトドアには欠かせないな。

 

食材を詰める

十分に熱したらオリーブオイルを塗る。
IMG_9612
ここにローリエでも敷き詰めて直に肉が接触するのは避けたかったが、無いので玉ねぎを敷き詰めた上に肉、そして周囲の空いたスペースに残りの玉ねぎとじゃがいもを詰めていく。
IMG_9613
最後に追いオリーブでーす。
IMG_9614

満遍なく全体にかける

 

あとは待つだけ

あとは蓋をして蓋の上に炭を乗せる。
IMG_9615
そして待つこと40分。

果たして結果は!?

つづく

-Explorers, アウトドア, 料理してみた
-, , , ,