レビュー

DMMでFXに初挑戦してみた。FXの仕組みの簡単な解説とか

2015053100
FXといえば、画面にずっと張り付いて1銭プラスになったとか、1銭マイナスになったなんて微々たる値段の差で売買を繰り返す、常に油断のできない資産運用の手段というイメージがあることだろう。

まぁ実際そんなもんだが。
今回は、そのFXを初めて挑戦してみた必ず儲かる方法(欲張ると損する)とか解説をしたいと思う。

※もし取引をする場合はリスクを十分理解したうえで試してほしい。
当然ながら当ブログは一切の責任は持たないので自己責任で!

FXの簡単な仕組み

基本的にFX(margin foreign exchange trading)とは外貨と日本円を売買することで利益を手にする方法。
なにより株とは違い、24時間いつでも取引が可能というのが便利。

以下の方法で利益を手に入れることができる。

円安と円高の差益で稼ぐ

たとえば「1ドル=100円」のときに100ドルを1万円購入したとする。

その後円安になり「1ドル=110円」になったとすれば、購入した100ドルが11,000円の価値になるので、この時に手持ちのドルを売れば1,000円の儲けということになる。

2015053103逆に円高になり「1ドル=90円」になったとすれば、購入した100ドルの価値が9,000円になるので、資産が1,000円減った状態になる。

このように2国間の通貨の値動き(為替レート)次第で一気に稼ぐことも、逆に一気に資産を失うというリスクもある。

レバレッジで差益を増やす

FXでは「レバレッジ」という少しのお金で何倍ものお金を売買できる方法が使われる。

レバレッジにはまず、資金を担保(証拠金)としてFX口座に預け、その資金を元に最大で25倍までのレバレッジで売買をすることができる。

たとえば1万円を証拠金としてFX口座に預け、レバレッジ10倍で取引をしたとする。
すると10万円分の取引をすることができるようになる。

となれば先ほどの例で言えば、10万円で1,000ドル購入できるわけだから、±1,000円と10倍になることになる。

2015053102
当然レバレッジが高くなるほどそのリスクは大きくなるので、たしかに一気に儲けることも可能だが、あまり無茶をすると資金がマイナスになるなんてこともありえるので注意が必要。

実際は単純に+1,000円とはいかず、手数料として1ドルあたり0.3円銭~1銭くらいマイナスされる。

 

さっそく必ず儲かる方法を試してみる

FXには他にも色々な方法があるが、今回は他の方法は必要ないので説明は省略。
さて、必ず儲かる方法とはいったいどうやったらいいのか。

2015053100とても簡単なことである。

それはキャッシュバックキャンペーンを利用すること。
キャッシュバックキャンペーンとは口座を開設して5万円入金して1lot取引をすれば1万円キャッシュバックといったもの。

たとえばDMM FXならば
2015053104新規口座開設キャンペーンで10,000円がキャッシュバックされる。

このキャンペーンのルールでは、新規口座開設後60日以内に初回の入金で10万円以上を預け(5万円を2回などはだめ)、口座開設から3ヶ月以内に初回取引で400lot以上を達成(200lot2回などはだめ)すると10,000円がキャッシュバックされるというもの。

当然400lotともなれば、10万円の資金では不足してしまう。

そこでとあるポイントサイトを利用して口座開設をすることにした。
そちらについては規約で説明できないので、こちらのサイトで詳しく説明していたので参照してもらえば手っ取り早いと思う。

これでキャッシュバックの条件が初回入金5万円で1lotと一気に緩和された。

lotとは

ちなみにlot(ロット)とは最低取引単位のことで、このlotの単位ごとに購入することになる。
「1lot=1,000通貨単位」なら最低1,000ドル単位で売買をしないといけないといった感じ。

さっそくFX取引をしてみる

まずはサイトにログインしたら専用のトレードツールを起動させる。
2015053105するとこのようなツールが起動する。
2015053101まずは資金を口座に入金しないといけない。

FX口座にクイック入金をしてみる

左上のメニューを開いてクイック入金をクリックする。
2015053106ちなみにこのクイック入金とは、手軽に即時入金ができて、口座によって振込手数料がかからないというお得なシステム。

クイック入金画面が表示されたら、金融機関と入金金額を入力して確認をクリックする。
2015053107当然ながら使うのは楽天銀行である。
どうして楽天銀行なのかというと、普通預金の金利が0.1%だからである。

通常ならそんな金利ではないが、それには色々と方法がある。
詳しくはこちらのサイトで詳しく説明していたので参照してもらえば手っ取り早いと思う。

そして確認画面が表示されるので実行をクリックする。
2015053108すると銀行のサイトに遷移されるので、入金処理を行えば完了。
初回に

ツール右上にこのように表示されているはず。
2015053109

通貨を購入してみる

売買をするには基本的にはこの画面だけですべてが完結する。

2015053110通貨ペア
どこの通貨を購入するかを選択。
USD/JPYなら米ドル円での取引を意味する。

注文タイプ
どのように注文をするかを選択。
価格は常に変動しているので、タイミング次第では売買価格にズレが生じる可能性がある。
・成行は文字通り成り行きで注文することで、ズレが生じても気にしない方法。
・ストリーミングは予め指定した範囲でなかった場合には売買を中止するという方法。

数量
lot単位での注文する数量。
その右に表示されているのは、現在の通貨ペアで1lot購入するために必要な証拠金の金額。

スリッぺージ
先ほどストリーミングで説明した指定した範囲とはここで設定するスリッページのこと。
ここで指定しておけば、その範囲の時だけストリーミング注文が成立する。

FIFO
FIFO(First In, First Out)とは先入れ先出しという意味で、これを使うことでもっとも古い注文から売買をするという仕組み。

決済同時発注
人が取引をするとどうしても、もっと儲かるとかもうちょっと我慢すればマイナスから復帰するとか考えてしまい決断がにぶってしまう。
そのせいで、売り時を見誤ってしまうことがある。

それを回避するのがこの機能。
損切り設定は設定した金額まで下がったら被害を抑えるために強制的に決済をする設定。
利食い設定は反対に設定してた金額まで上がったらそこで決済をして儲けを確定する設定。

※「設定・その他」⇒「注文共通設定」で設定することができる。
2015053111※1pips=1銭(0.01円)

設定が問題なければ、最後に右下の赤い「買い」ボタンを押せば購入完了。
2015053112あとはタイミングを見てクイック決済で購入した通貨を売れば終了。

もともと価格が下がっているタイミングで売買をやったのでこのように-100円となってしまったが、右下に写っているグラフのように、売り直後に一気に0.029円下がっている。
2015053113購入金額が1lotだからそれだけ下がっても390円のマイナスになっていただろうけど、これがもし10,000円キャッシュバック目当てだったら400lotだから156,000円のマイナスで一発退場となるわけだからホント怖い世界である。

これで15,000円分のポイントがキャッシュバックされるから、14,900円の儲けということになる。
普通に考えたらこの方法でマイナスになれたら逆にすごいと思う(; ・`д・´)

試してみたい人はくれぐれも自己責任で!!

-レビュー
-, ,