ラーメン 群馬のラーメン 食レポ

群馬県館林市の地鶏研究会のお店である米屋行ってきた 2杯目

2015/11/15

実に2年ぶりくらいになるだろうか、久しぶりに早く帰ることができたのでラーメン大使と館林の米屋に行って来た。

さすがに往復で2時間を費やしてしまうので、なかなか行けないからなー

お店に行くと、まだお客は来ていなくて、お店の親父さんがニュース番組を見ていた。
完全なる米屋フリークであるところのラーメン大使は、すでに常連の域に達していた。

そんなわけで今回の丼ものとセットで注文したのはチャーシュー丼。
ta3304
なんかでかっ!!
たしか前に来たときには陶器のご飯茶碗だったと思ったが!?
親父さんいわく、常連じゃないとこの器で出さないらしい。

そしてそのランク付けは
初心者~ ご飯茶碗
中級~常連 木製の茶碗
コアな常連~ 漆器

らしい
だから、これは最上位ランクの証なのである!!
いやーどんだけ来てんだよ

これがもー大盛りサイズだから、ボリューム満点
ただ、ちょっとオレサマ的にはこのチャーシュー丼のタレは甘すぎたなー
チャーシューは旨いんだけどなー・・・・今回は焦げてたがなっ!!

それが米屋スタイル、米屋クオリティー

お客によって、チャーシュー丼派と鳥丼派に分かれるらしく、みんなどちらかだけ決まって頼むこだわりがあるらしい。
オレサマ的には鳥丼派だったらしい。

そして、メインのとろとろチャーシュウ
ta3305
パッと見はただの素ラーメンにしか見えないが、箸を底にまで伸ばすと
ta3306
キター!!
どうよこの分厚さ、そしてでかさ!!
もー食べ応え満点どころじゃないよなー

やっぱここのチャーシューは旨い!!
細麺とワイルドな塩味のスープがたまらん

一日20食限定のとろとろチャーシュウだが、その食べた感じは、まあとろとろ具合はまったくなかったのが残念だった。
きっと初期段階で底からすくい上げるととろとろにならないんだろうなー

でも十分箸でも切れるくらいだから、なんだ問題はないのである。

スープまで飲み干し、完食してしまった!!
さすがに大盛りの丼はくるしかったなー

もう何も入らんよ?

-ラーメン, 群馬のラーメン, 食レポ
-, ,