映画 洋画

PIRATES of the CARIBBEAN DEAD MAN'S CHEST 見に行ってきた

2016/07/09

パイレーツオブカリビアン・デットマンズチェストを見に行ってみた。
ta689
これ前売り券のおまけ↓
ta690

大まかな内容は

物語は全作から三年後。
いまから13年前、ジャックはブラックパール号の船長になるために、自分の魂と引き替えに、船乗り達がもっとも恐れるという「深海の悪霊」デイヴィ・ジョーンズと「血の契約」交わしていた。
そして今、その契約の期間が終わり、魂を取り立てる為に闇の力がうごめき始めていた。

それから逃れる為にはデイヴィ・ジョーンズが隠したと言われている伝説の「死者の宝箱」(デットマンズチェスト)を見つけること。

そして東インド貿易会社の陰謀で危機に陥るウィルとエリザベス。

抗うことのできない力を操られ、三人の運命が再び交差する。
カリブ海に封印された、恐るべき秘密が今明かされようとしていた!!
って感じ。
つうわけで一人で観に行くのもなんなので今回は縫製を拉致。

感想としては
相変わらず景色が綺麗で海に行きたくなってくる夏を感じさせる映画だ(笑)
今回は色々な要素が盛りだくさんで、ジャックのだめっぷりもよい。
さらに、ところどころにちりばめられた笑いがたまらない。
まあ続き物として作られていたから解決しないで終わるのは予想はできたが・・・
ラスト付近で、思いも寄らぬことが起きたりして続きが楽しみだ!!

まあ詳しい感想は言えないが、これを100%楽しむにはDVDとかが出るまで待たずに映画館に今すぐ観に行こう!!

そしてエンディングロールで帰る人が多いが、映画はロール終わるまで観てはじめてコンプリートである!!
特にこれは最後まで油断しちゃいけないとだけ言っておこう(-_-)

-映画, 洋画
-