食レポ

ラーメン二郎行ってきた ミッション1:注文できるかな

2014/10/08

ついに我々はかねてよりの願いであった、聖地:ラーメン二郎へと足を踏み入れた!
ta2257

今回はジロリアンへの道、第一回目である。
ちなみに二郎を知らないという人の為に簡単に説明(※ネット調べだが)すると
三田に本店があり各地へと支店が展開されており、その最北端が栃木街道店である。

豚骨醤油味のラーメンのみであり、見た目はラーメンの上に大量の茹でたモヤシとキャベツが乗っていて普通のラーメンの二倍はボリュームがある。
麺は極太平打ち麺、スープは背油たっぷりの濃厚な感じで、ぶたと呼ばれるチャーシューは厚切りでかなりボリュームがある。
そこに好みで、ニンニクの有無、野菜の量、味の辛さ、脂の量などが調整できる。

基本的に食券で購入するわけだが、おおまかに小(普通のラーメンの二倍以上)大(三倍以上)となっており、ラーメン(豚2枚)、ラーメン豚入り(5枚)、ラーメン豚入りダブル(8枚)となっている。

トッピングはお店によるがラーメンが出来上がる直前あたりにニンニク入れますか?と聞かれ、その時に頼む。
特に何もなければすべて適量な状態で出来上がるが、たとえばニンニクを倍にしたければニンニクマシ、もっと増やしたい場合はマシマシとか、そんな感じで例えばアブラマシマシのニンニクマシマシでとか。

ちなみにトッピングには
ニンニク:ニンニクを入れるかどうか、増やすかどうか
ヤサイ:野菜を増やすかどうか
アブラ:背アブラを増やすかどうか
カラメ:カエシを増やすかどうか

が選択できる。
そんなわけで仕事帰りにジロリアンけんちゃんと二郎に行ってきた。
ta2256
到着したのは19時20分・・・・すでに外には一組のカップルが待っていた、そして店内には壁沿いに並べられたイスで待機するお客20名ほど。
店内にはカウンター席が15名ほどと4人掛のテーブル席が一つという感じ。

店員は店主と女性店員の二人らしい・・・・まあ回転率は悪くなるのは仕方ないなー
でもその二名体勢が二郎スタイルっぽい。

で、飲み物は外の自販機で購入して持ち込みもできるらしい。

少しして待ちのイスが空いたので店内に入り、食券で購入。
小ラーメン 650円、小ラーメン豚入り 800円、小ラーメン豚入りダブル 900円
大ラーメン 750円、大ラーメン豚入り 900円、大ラーメン豚入りダブル 1000円
生たまご 50円、カツオくん 150円
というシンプルな感じ。

無茶をせず小ラーメン豚入り+生たまごを注文してみた。
ちなみに両替とかする雰囲気では無いのであらかじめ千円札を握り締めて来店しようー(-_-)

そして待つこと25分ほどでカウンター席に座ることができた。
ここで自分の前のカウンターに食券を分かりやすいように並べて待つ。
タイミングによるが5分ほどで例のニンニク入れますか?がキタ!!
だがしかし、お店で発覚してしまったエセジロリアンけんちゃんともにトッピングの宣言の仕方がわからないので普通にハイと答えてしゅうりょー

ついに待望のお品の到着!!
ta2258
食欲をすする香りとそのボリュームがたまらん。
そして一口食べると質の良さそうな背アブラと濃い目のスープがやばす!!
スープが濃いのも手伝って麺にもしっかりとその味が効いていていい感じ。
ta2259
チャーシューは固め系だが、味もオレサマ好みでばっちり!!

カウンターにはコショウと一味があったが、このままでうまいなー
なによりニンニクと背アブラの一体感がなんともいえない感じをかもし出していて、ニンニク抜くとかありえねーって感じ。

だがしかし、さすがにボリュームが凄すぎて完食できなかったのが残念だ。
そしてけんちゃんはというと並んでまで食わなくてもいいレベルだったらしい。
さすがのアブラ好きでも強烈すぎて耐えられなかったらしい。

それでもしばらくするとまた行きたくなるのは間違いない!!

そして忘れちゃいけないのが最後に食べた食器をカウンターの上に上げて、テーブルを布巾で拭くのを忘れずに。
帰り際にご馳走様も忘れてはいけない!!

まだまだこれからもジロリアンへの修行は続く・・・

-食レポ
-